自我の防衛機制「抑圧」とトラウマ「解離」の違い

精神分析

精神分析の抑圧とは、防衛機制の中でも最も基本的なものにあります。抑圧は、自我を脅かす願望や衝動を意識から締め出して意識下に押し留めることであり、意識されないままそれらを保持している状態です。自分にとって受け入れられない感情や観念は、心の底に抑圧されます。フロイトは、抑圧の概念を用いて、精神分析を形作っていきました。

精神分析的療法では、無意識過程の意識化と洞察を図る治療法です。人が強いショックやストレス、不安や恥、苦痛を引き起こす過度な情動体験をしたとき、それが適切に処理されずに抑圧されると、 神経症的な症状の形成につながると考えます。その無意識化に抑圧されたエネルギーを意識化し、自覚的に調整できるようになれば、神経症は解消するとされました。

抑圧とは

人は、不快な感覚や否定的な感情、嫌悪すること、怖い経験、変えられない願望などを心の奥底に閉じ込めてしまい、意識化されないことがあります。抑圧された欲求や願望、感情というのは、無意識的な防衛のメカニズムなので、比較的思い出しやすいものではなく、本人が意識することができません。

厳しい親のもとで育った子どもは、親の顔色を見て、良い子に育ちますが、甘えたい、お菓子を食べたい、もっと遊びたいという欲求や願望は抑圧されて、感じられなくなったりします。

親子関係による抑圧

抑圧の概念は、トラウマ的な視点よりも、親子関係から考えたほうが分かりやすいでしょう。ヒステリックに豹変する親のもとで育ち、脅かされ続けてきた子どもは、相手の気持ちを先取りして、先手を打ち、皆を喜ばせようと絶えず努力していきます。

彼らは、身近にいる人の気持ちを優先して考えないと、酷い目にあったり、見捨てられたりするから、自分の言葉ではなく、正解を探して意見を言うようになります。そのため、自分の欲求や感情を伝えることができなくなり、そうした欲求や感情は自分を脅かす願望となって、抑圧された状態が続くと、本来の自分が失われて、神経症(心の病)になります。

子どもの頃から、人の顔色を伺い、相手が不機嫌だと心配になったり、見捨てられることを恐れたり、周りの人を不機嫌にさせないように気を配ります。自分の気持ちを後回しにして、他者の感情ばかりを優先していくと、本当の自分の気持ちが分からなくなり、苦しみます。自分の本音や本当の感情を表現できないということは、本来の自分ではなく、表面を取り繕うだけの人生になり、段々と疲弊して、体調を崩し、誰かといても幸せだと感じられなくなります。

どんなにこの世界がきつくても、仕事をしたり、学校に通ったり、人と関わって食べていかないといけないので、あたかも正常かのように見せて、うまく生活をこなしますが、常に偽っているような感覚のなか、心が壊れていって、自分のやりたいことが分からなくなります。

親が子どもに危機や恐怖を与える張本人の場合は、子どもは親に依存しますが、期待してはいつも裏切られて、耐え難い怒りになります。しかし、子どもは親に愛着を持っているため、怒りの感情を自分で抱えることが耐え難く、抑圧されます。また、親との関係のなかで、親を求めていけないとか、人に迷惑をかけている自分が恥ずかしいなど、自分の依存感情は抑圧されます。抑圧された部分は、身体に分裂排除されて、無意識下に押し込められていきますが、それぞれの身体的なパーツたちは、人に対して善人ぶるな、近づくな汚らわしい、しんどい、めんどくさい、叫びたい、気が狂いそう、気づかないでくれと思っているかもしれません。

トラウマによる解離

抑圧は、親子関係のストレスなどにより、無意識のうちにそうなっていきます。解離は、身体の凍りつき(交感神経と背側迷走神経が過剰)や虚脱状態(交感神経がシャットダウン)の時に起きて、神経の痛み、圧倒的な感情、不快感などから生じる現象です。トラウマがある人は、脅威を感じると、過剰警戒から、筋肉が硬直して、戦うか逃げるか反応が出ます。しかし、繰り返し脅かされてきた人は、戦ったり逃げたりができず、身体を凍りつかせるか、死んだふりをして対処します。

人が凍りつくときは、圧倒する感情、神経が痛む、息苦しい、血の気が引く、胸がざわつく、お腹がきつい、気持ち悪いなどの反応が出ます。長年に渡って、身近に脅威をもたらす対象がいて、不快な感覚が続くと、何も感じないようにして対処しますが、実際には、無意識のうちに感情や感覚が麻痺して、何も感じなくなり、思考でなんとかしようとします。外の世界で、脅威の対象を退けられない場合は、不快感を生み出す身体は排除されていきますが、この身体性の喪失が、現実感を喪失させ、病的な解離になっていきます。

トラウマによって凍りつきや虚脱状態が続くと、生きるうえで欠かせない欲求、感情、性的衝動が分からなくなり、感覚が麻痺して、人格が入れ替わることまであります。解離による人格の交代は、自分の知らない間に、料理をしていたり、お菓子を食べていたり、自傷していたり、自分の記憶のない間に色々なことが起きています。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-04-14
論考 井上陽平

コメント

タイトルとURLをコピーしました