回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害(APD)とは、他者の拒絶や批判に対する感受性が鋭く、人間関係に関係する恐怖や不安を持ち、極度の内気な性格のため、社会的な状況や他人と接することからの回避と撤退の長期的なパターンを特徴とする精神障害です。この症状を持つ人は、他者の拒絶や批判に対する永続的な恐れを持っており、人間関係の形成と維持が困難で、自尊心が欠如し、社会的状況の中で自分の本音や本当の感情の表現することが難しい可能性があります。

回避性パーソナリティ障害とは

回避性になる原因は

回避性パーソナリティ障害の原因は複数ありますが、環境的要因や遺伝的要因が複雑に絡み合っているように思います。環境としては、長期に渡り、生活全般において有害なストレスを受けていたり、親子関係の問題を抱えたりすることで、身体や脳の神経発達が阻害されたり、体内のバランスの崩れたりして、行動の変化や認知の歪み、感情のコントロールの難しさから、社会的な要求に応えられなくなる可能性があります。また、遺伝的な特徴が行動に影響を及ぼす可能性があります。一般には、不適切な親の関わりから、本音や気持ちを表現できないような環境で育ってきた人や、自己肯定感が低い人が、回避性パーソナリティ障害を発症する可能性が高いと言われます。また、慢性ストレスやトラウマなどの要因も回避性パーソナリティ障害を引き起こします。

トラウマ的な要因

回避性パーソナリティ障害の人は、トラウマを経験していることが多く、社会的関わりのシステムが機能低下し、無意識下では危険や生命の危機を感じています。脅威に曝されたときは、交感神経と背側迷走神経が高度に活性化して、凍りついてしまうため、思うように体が動かなくなってしまうことをとても恐れています。

そのため、普段から逃げ場のない状況に追い込まれないように、頭の中でアセスメントして、脅威を回避することが生存戦略になります。彼らは、人間の存在が脅威になっていて、闘うか逃げるか反応が出た時は、逃げる方の行動を選択することが多くなります。しかし、社会的な交流から逃げれば逃げるほど、次に社会的な交流を持とうとしても、恐怖の方が大きくなり、新しい関係性を築くことが難しくなっています。

症状のチェックリスト

1. 傷つきやすくて、疲れてしまって、本当は誰とも関係を持ちたくなく、人間関係を回避したい。
2. 他人からどう思われるかを過剰に意識して、他人からの評価に対して自信を失いやすく、自分を受け入れられない。
3. 自分自身の価値や能力に疑問を抱き、自分の行動を批判する傾向がある。
4. コミュニケーションの場面において、緊張しすぎて、複雑な内容を理解したりすることが難しい。
5. 社会的な場面に出ることが不安で、すぐ過緊張になってしまい、自分を守るために距離を置く。
6. 他人から批判されたり拒絶されたりすることに敏感で、気分が落ち込んだり、見境なく怒ってしまうことへの恐怖がある。
7. トラウマの影響から、神経発達が阻害されて、 身体が脆弱であり、抑うつや不安、無力な状態に陥りやすい。
8. 逃げ道のない状況に追い込まれたり、身動きが取れなくなることが怖くて、物事を回避する。
9. 外の世界が危険と感じて、恐怖心から行動ができず、孤独な活動を好む。
10. 自分のアイデアを思い浮かべることが難しかったり、考えや感情を表現することが苦手です。
11. 好かれることが確実でない限り、人とは関わりたくない。
12. 自分のことを他人に知られたり、近くにいたりすることに躊躇を示す。

向いている仕事は

回避性パーソナリティ障害の人が向いている仕事として、仕事の達成を独力で行うことができ、人間関係を含まない仕事がいいと思われます。コンピュータやソフトウェアの プログラミングや分析、研究者、ライター、デザイナーなどが挙げられます。思考を必要とする仕事でも、個人で行うことができ、その仕事が完了するまで、他の人間との接触を避けることができるものが良いでしょう。例えば、情報処理や文書作成、会計などが挙げられます。

恋愛関係

回避性パーソナリティ障害の人は、恋愛関係での信頼や親密さを築くことが困難と言われます。回避傾向の人は、挫折や失敗の恐れから、パートナーとの親密な関係を築くことを躊躇したり、友情や仕事関係などの深い関係を結ぶことを避ける傾向があります。また、回避性パーソナリティ障害の人は、自分の気持ちを表現することが苦手なため、受け手に自分の気持ちを伝えることが難しくなる可能性があります。

回避性パーソナリティ障害とHSPの違い

回避性パーソナリティ障害とHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の違いについて、 回避性パーソナリティ障害は、人との関係を避ける傾向を持つ人格障害です。これは、他の人と関わることを恐れているために、社交的な参加を拒み、他の人との距離を保つようになるというものです。HSPは、集団活動において他の人よりも敏感であるという特徴を持ちます。これは、情報を深く理解し、他人の感情に対して敏感に反応するような特徴を持ちます。HSPは、一般的には、抑うつ症状や不安症状を引き起こす可能性があると考えられています。

治療や回復に必要なこと

回避性パーソナリティ障害の治療では、他者から拒絶や批判の恐れに対処することを学び、より健康的な関係を築き、自尊心を向上させ、日常生活の中で安心することが重要になります。治療の方法は人によって異なりますが、一般的には、心理療法(トラウマケアや認知行動療法、精神力動療法)やカウンセリングを用いて、対人関係の問題や安心できる体験を増やして、回避行動を減らすことをを目指すことが重要です。回避性パーソナリティ障害の人は、身体的な脆弱性を持っている場合が多く、症状に対して、正しい理解を持ち、必要なサポートを受けることが重要です。彼らは、不安や警戒心が強く、自己肯定感が低いために、自分自身を受け入れるようになることが重要です。自分の行動を評価し、自分の失敗も受け入れ、自分の成功を認めることも大切です。

当相談室で、回避性パーソナリティ障害についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-24
論考 井上陽平