性暴力被害

フラッシュバックなどの心配がある方は、ご自身の状態に注意してご覧ください。また、ここに書いていることは、性暴力被害の方々の全ての人に当てはまるわけではないので、その点をご了承ください。

性暴力被害

性暴力とは

性暴力とは、加害者が被害者に暴力または強制を伴った性行動や人身売買を行おうとすることです。日本で性暴力被害を受ける人の数は、内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成29年度)によれば、女性の13人に1人(7.8%)、男性の67人に1人(1.5%)が、無理やりに性交などをされた経験があると答えています。加害者は、男女とも「まったく知らない人」は約1割で、被害の約9割は、(元)配偶者、(元)交際相手、職場やアルバイト先の関係者など「顔見知り」によるものです。また、18歳未満で被害を受けた女性の約2割、男性の約3割は、被害者を監護し保護する立場にある実の親や養親などの「監護者」から被害を受けています。

性暴力被害の加害者と被害者の関係は様々あります。レイプなど関係を作らないで無理やりするのと、ある程度関係を作ったうえで、断りづらい状況を作り出して、強制的に同意させることがあります。後者は、加害者が性暴力している自覚があまりなく、嫌だったらなら嫌と言えばいいのに、拒まなかったことが悪いと思っていることが多いです。

魂の殺人と呼ばれるくらい

性暴力被害は、「魂の殺人」と呼ばれるくらいに、その人の人生を台無しにします。加害者に脅かされることが繰り返されると、苦痛で動けなくなり、叫ぶことができず、感情が消えます。あまりに想定外の場合には、不意を突かれた戦慄の衝撃により、自分に行われていることが何かよく分からないまま気を失い、身体の中に莫大なエネルギーが滞ります。

どのように被害者は体験するか

(性暴力被害者が女性で、加害者が男性と仮定した場合)
男が自分を見てくるから、その目で見ないで、近づいてこないで、心を交わしたくない、感情を交わすつもりもない。無理やりやられて、痛い、痛い、汚い、固まって動けない。手足の感覚がなく、手は力が入らない、足の方も力が入らない、抵抗できずに動けない。息苦しくて、話すことも、叫ぶこともできない。男から首を掴まれて動けない。怖くて体がどうなっているか、ほぼ死にかけて麻痺していく。体が壊れそうで、意識と体が分離して、頭がバラバラになりそう。気持ち悪くて、されるがままの痛みで、頭と意識を切り離したい。身体から切り離されたように感じて、自分が外にいて、上から見ている。変な分離感があり、自分はフリーズしているか、意識が朦朧としていくなか、自分でない声で、喘いでいて、気持ち悪い。

加害者から何度も脅かされると、あまりに強いストレスと苦痛により、頭の中がフリーズして、筋肉が崩壊していき、心臓の働きが弱り、何をされているか分からないまま、体が動かず、声が出せなくなります。そして、自分の体をもう一人の私に明け渡して、全く違う人に生まれ変わることもあります。それまでの自分は置き去りにされて、日常生活では、体が動かなくなった自分の代わり、全く違う人が上手く立ち回ろうとします。本当の私は、全く違う人が生活しているところを離れた場所から見ているかもしれません。

魂の殺人では、全く違う人が自分の体を覆い、過去から繋がっている自分は、苦しめられたままの状態で凍りついてしまいます。そして、固まったまま体の中に閉じ込められてしまって、笑うこともなく、悲しい、嬉しいも分からず、何も響かなくなります。また、体の中に閉じ込められた人格は、現実と繋がって生きられなくなる代わりに、あちら側の世界に行って、過去の夢を見続けているとか、もう一つの世界の湖畔で休んでいるかもしれません。本当の私はどこかにいってしまって、あたかも正常に見える人格部分が、日常生活を過ごします。

抵抗できないのは

被害者が抵抗できないのは、生物学的には当然のことです。加害者に何度も脅かされることで、凍りつき/すくみ、緊張性不動、虚脱反応が起きて、気管支は絞めつけられて、息苦しく、叫ぶことができなくなります。恐怖に凍りついて、身体感覚が麻痺し、手足を動かせなくなり、抵抗できない状態になります。声を出そうにも出せず、叫ぶことができません。さらに、体が動けないまま、されるがままの痛みのなかで、筋肉は崩壊して、心臓がダメージを受け、脳は虚血状態で、血の気が引いていき、意識が朦朧としたり、気を失います。このような凍りつきや不動状態になってしまうは、加害者に抵抗すると、殺される可能性もあるので、生き残るための戦略とも言えます。また、子どもの頃に、親や兄弟から、脅かされる状況にいた人ほど、脅威に対して、まともに動けなくなってしまうため、性暴力から逃れられず、いいなりになって被害に遭う可能性が高くなります。

性暴力被害のその後

性暴力被害に遭う前と、遭った後では、自分という存在が他人のように思えるかもしれません。性暴力被害中に、あまりに強いストレスに曝されたため、それを跳ね返すことができず、崩れ落ちてしまって、全てが捻じれてしまいました。それ以後の人生は、あの時から時間が止まってしまい、自分を愛おしく思えなくなります。外の世界の生々しい刺激に疲れて、自分は無力な存在になっていくことが多いです。そして、次の脅威に備えた生き方になり、脳の防衛的な部分が働いて、警戒心が過剰になります。体は危機を感じて過緊張になるか、恐怖で凍りつくか、死んだふりをするかなど、神経の働きそのものが違います。嫌な記憶やちょっとした刺激(急な事、想定外な事)にも、身体はビックリして、胸が痛み、心臓がバクバクし、固まり凍りついて、手足が震えます。

事件が不快で、身体の中にトラウマを負っていて、心が壊れているかもしれません。加害者への憎しみや嫌悪感、屈辱感、フラッシュバックに苦しみ、感情を押し殺して、何も感じなくなります。心の状態がそのまま体に現れて、苦痛で夜眠れなくなったりします。頭はぼーっとして、現実感が無くなり、今のままでは環境に適応できなくなります。朝起きても、妙な不安から起き上がれなくなり、別の自分が日常生活を過ごしていく姿を見ている場合もあります。心と体がバラバラになってうまく連携が取れなくなり、うつ状態になります。

感情ない人形に

性的虐待など、加害者から何度も脅かされ続けると、肉体が激しいショックを受け、数えきれないくらい体が動かなくなり、感情が無くなります。生きながら死んだような状態になり、感情や感覚がなく、血液の流れや神経の通っている感じもなく、ただの抜け殻になって、性被害に対して何も無かったことのように生きます。自分の体は、操り人形でいいなりになっていき、着ぐるみを着ているように感じたりします。

自分を責める

性暴力被害に遭っているときは、判断力が落ちて、体が動かない、声がでない、逃げることできないなど、加害者のいいなりになってしまいます。性暴力被害に遭ったあとは、なんであのとき、動けなくなって、逃げなかったんだろうと、自分で自分を守れなかったことを責めます。

意識下に抑圧される

悲惨な出来事は、意識下に抑圧されて、見て見ぬふりしていたり、そのことを感じないように心を麻痺させていきます。事件から十年ほど経過すると、当時の記憶がほとんど薄れて、何も覚えていなくて、出来事とかもほとんど思い出せなくなるかもしれません。

トラウマ症状

性暴力被害者は、PTSDに苦しむことが多く、フラッシュバック、過覚醒、解離、パニック、悪夢、回避行動、ネガティブな認知に悩みます。また、身体レベルでは、闘争/逃走、凍りつき/すくみ、緊張性不動、虚脱のトラウマを負い、長期に渡って、体調不良に苛まれ、気持ちが落ち込みます。 トラウマを負う前と比べると、この世界の捉え方が全く変わってしまって、人の気配に怯えたり、周囲を観察したり、人から隠れたり、人を疑ったり、逃げ出したくなったりします。

このようなトラウマを負っている人は、社会の中では表層的に生きており、周りの人は、その人の表皮しか見えていないことになります。しかし、実際には、地に足がつかず、息苦しく、フワフワして現実感がなく、空想に逃避して、白昼夢に耽ります。また、心は空っぽになり、感情が無くなっていきます。 自分が意図しない場面でも、身体は潜在的な脅威に反応して、落ち着かなくなる、驚愕反応が起きる、心臓がドキドキする、胸が痛む、動けなくなる、手足が震える、頭が働かなくなる、フラッシュバックなど不具合が出ます。

彼らの日常生活を疲弊させるのが、フラッシュバックや悪夢になります。日常生活や人と関わることのあらゆることがトラウマのトリガーになっているかもしれません。そして、人の気配や音、匂い、振動、光など、様々な刺激に過敏になります。また、不意に過去の忌まわしい体験が突然蘇ってきて、気が狂いそうで叫びたくなり、過呼吸やパニック発作が頻繁に起きます。現実から離れている場合には、今ここの感覚を持つと、恐怖を感じます。

体に刻まれたトラウマ

性暴力被害は、体の中にトラウマが刻み込まれて、不快な感覚や感情に巻き込まれます。性暴力被害に遭うことで、自分の体が汚れていると感じて、自分の体に嫌悪感を持つようになるかもしれません。自分の体に意識を向けると、嫌な記憶が蘇ってきて、手足が勝手に動き出すかもしれません。ヘドロのようなものが体にあって、気持ち悪く、吐き出したくてしょうがなくなります。さらに、息が苦しくて死にそうになったり、体がきつくて歩けなくなることもあります。

日常生活のなかで発作が起きやすく、心臓がバクバクしているのに、体をまともに動かすことができず、手足がピクピクと動いたり、震えたりして、そうした体の反応を怖がっています。彼らは、体の中で起こっている反応についていけず、自分では全く理解できません。

性暴力被害に遭ってしまうと、自分の体であることに耐えられなくなり、何年経っても、自分の体ではないようになり、嬉しいとか楽しいと感じられなくなります。自分の手で自分の体を触っても、違和感しかなく、気持ち悪さを感じます。

性暴力被害者は、性行為への恐怖や嫌悪感が体の中に刻まれます。体はトラウマを記憶しているので、人から体を注目されることを嫌がり、見ないでほしいと思っています。女性であるという体が脅威源になるので、自分の体が気持ち悪くてしょうがないとか、血を抜けたいという衝動に駆られます。体は痛みだらけで、しんどくて、めんどくさいと思うかもしれません。人が脅威になると、手は近づいてくる相手を振り払おうとし、足は逃げ出そうとし、体は小さく丸まります。

酷い暴力を受けると、体が痛みだらけで、神経が繊細に反応しすぎて、他者と関わるときには、ワンクッション置く必要があります。素の自分ではいられなくて、解離や離人、演技など様々な表情上の自分を取り繕って、他者と関わるしかありません。また、体の反応はおかしく、人が後ろに立つだけで、過緊張で固まり、震えます。

痛みの体

性暴力被害を受け、さらに二次被害で苦しみ続けると、慢性疼痛、慢性疲労、うつになります。脅かされ続けた体は、首が腫れている、喉が痛い、胸や背中が痛い、内臓がない、臓器が動いていない、みぞおちが固まる、関節が固まって痛い、お腹が痛い、子宮が痛い、手足が詰まって重い、足が冷える、顔が歪んでいる、腸や臓器がねじれている、体の左右がずれている、背中が曲がっている、息が上がる、気持ち悪い、リズムに合わせられないなど満身創痍になります。そして、体中にぽっかり穴があいて、空虚に感じたり、実体がなく、自分の生きている人生が虚しくなります。

恐怖症

性暴力被害の影響から、加害者と同じ性別、似た年代の人、似たような雰囲気の人が恐怖の対象になります。似た人物に遭遇するだけで、脅威を感じて、背筋が凍りつき、何も考えられず、動けなくなるかもしれません。一人になることが怖くて、人に会うことも怖くなります。さらに、人と触れ合うこと、人の目につくこと、無防備でいることなど、剥き出しの自分になることが怖いです。不特定多数の人のいる場所が怖くて、交通手段なども自由に使えなくなり、電車に乗れない、遠出ができない、車を運転できなくなる人もいます。移動手段が使えないので、家に引きこもりがちになるか、無害そうな人に依存した生き方になることもあります。その結果、何事も長続きしなくなり、大学を中退したり、職場を辞めたりして、自分のキャリアや将来が見えなくなります。

思い詰める

性暴力被害という不条理な目に遭った日から、背中に大きな十字架を背負い、重たい十字架を引きずりながら、冷厳道を歩きます。誰にも言えない秘密を持ち、どうして私がそういう目に遭ってしまったんだろうと悔やみます。どうしようもなさに途方に暮れ、消えることのない傷をいつまでも持って、自分なりの答えを見出そうともがき続けます。

悲しみと怒り

性暴力被害者の根底には、救いようのない悲しみと、加害者のせいで自分の人生を台無しにされたという怒りがあります。加害者が今ものうのうと生きて、毎日楽しそうに生きていることに殺してやりたいという復讐心を持ち、吐きそうなほどの気持ち悪さがあります。

外傷の再演

性暴力により、脅かされる状況が続くと、体が動かなくなり、意識が朦朧として、自分の体が明け渡されます。自分の体から離れてしまうと、何をされても別にかまわなくなります。自分の体を、別の自分に明け渡しますが、体を明け渡された人格は、性関係のなかでしか生きる術を知らないので、性に対する認識が歪み、性衝動が強くなり、性的放縦人格になる可能性があります。性的放縦人格は、異性を誘惑して、人妻のような雰囲気を醸し出し、重度の浮気性や性的奔逸、愛のない性行為を手当たり次第に行います。もともとの私は、知らない相手と性的な関係を持たないといけない状況に追いやられて、凍りつきや虚脱のトラウマを負います。

性暴力被害の体験というのは、想定外なことが多く、予期せぬうちに起こってしまった体験になり、恐怖や戦慄のショックに曝されて、心と体に恐ろしいことが起きます。被害に遭ったときの不快な感覚はその後も残り続けて、その嫌な気持ちが出てきたら、わざと危険なとこに行って、自分をいたぶるような言動をして、レイプされてしまうことがあります。また、その外傷体験から生き残り、頼りになる/助けてくれる異性に近づいて、裏切られる経験が続くと、人生の目標を見失い、方向性が変わることがあります。自分の心を癒す方法が、性風俗で性行為をしてお金を貰うのが当たり前の環境に身を置いて、そこで性行為に対する理解を深めたいという衝動に駆られたり、自分に癒しを求めてくる異性を浄化したいという気持ちになり、実際に行動する人もいます。

 二次被害

性暴力被害者は体がきつく、精神状態も不安定になります。医療関係者や警察、司法、相談員、身内に疑われたり、性暴力被害者を精神異常者扱いして、二次被害に遭い、心も体も限界に達して、もっと生きづらくなります。また、被害後から、恋人やパートナーに嫌がられ、迷惑がられ、傷つくことが増えて、同時に、相手を傷つけてしまいます。さらに、性に関して、とても傷つきやすい状態になっているので、職場やコミュニティのなかでセクハラやパワハラに遭うことも多いです。性暴力被害の時は、怖くて体が動けなくなるから逃げ出せなかったり、首を絞められるから助けを求められないなどあって、性暴力被害者と関わる人がそのことについて勉強不足です。

異性との親密な関係

性暴力被害者は、性的に見られたり、触られたりすることに恐怖を感じ、好きな人と触れ合う行為が嫌ではないけど、誰かに触れられるのが嫌です。異性と仲良くなりたい、大切にされたい、傍にいて、近くにいてほしいと思いますが、体のパーツはいろんな男に狙われると思って、危険を感じています。そして、異性が近寄ることに嫌悪を感じ、しんどい、めんどくさい、嫌い、痛い、来ないで、気づかせないでほしい、近づかないでと思っているかもしれません。性暴力被害者は、気持ちと体が分裂していることが多いです。また、性暴力被害者は、ずっと苦しい思い一人で抱えて、本音や本当の感情を抑えながら生きています。

恋愛しても、関係がなかなか深まらず、好意を向けてくれる異性に申し訳ない気持ちになります。一方、選ぶ異性は、ドメスティックバイオレンスやモラハラする人ばかりで思い悩むことが多いです。異性との性的な関係は、弱い刺激で十分です。強い刺激は苦手で、相手についていくことができなくなり、自分が分離して、フラッシュバックが起きたり、回避行動が出たり、攻撃的な人格や子ども人格に変わったりします。また、性的な関係が怖くて、セックスレスになり、子どもを作ることが難しくなる場合があります。さらに、性的な関係を持つときは、お酒飲んで、意識を変えないと難しかったりします。

最後に

フレーザーは成人として自分の児童期の秘密と対決するようになった時の恐怖と危険とをこう述べている。(J Herman 1996)

私はほんとうに父の寝台の下にあったパンドラの箱をあけたかったのだろうか。四十年もの間、鍵を探し謎を解こうとして得た報いは父が私を性的に虐待したという事実を知ることだったとは。このことをどう思えばよいのだろう?一つの犯罪を暴露するために費やした私の生涯のエネルギーの量を自分に納得させられるものだろうか、口惜しい思いなしに?

一人の人間が人生の一つの段階を終えて、生きつづけるためには別種の人間にならなければならない時には、突然死が起こることが実に多いだろうと思う。不死鳥は蘇って飛び立とうという、きわめて良いことをめざして燃える火の中に入ってゆくが、飛び上る時に力が萎える。移行点で私は私の別の(親しい)自己を抱えたままほとんど死ぬところだった。(Fraser,My Father’s House,211-12.)

 参考文献
J.L.Herman(1992):Trauma and Recovery. New York, Basic Books中井久夫 訳『心的外傷と回       復』みすず書房,1996年

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-02-16
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する
タイトルとURLをコピーしました