カサンドラ症候群

カサンドラ症候群とは、ギリシャ神話に登場するトロイアの王女カサンドラが、預言を誰にも信じてもらえず苦悩したことから名付けられた。特定の相手との関係性によって起こる二次障害のことです。

カサンドラ

カサンドラ症候群とは

一般的には、発達障害(アスペルガー症候群)の特徴を持つ人が家族にいて、その家族が自己中心性を脱しきれず、相手の気持ちを読み取ることができません。そして、カサンドラ状態に陥る人は、発達障害を持つ配偶者、発達障害を持つ親、発達障害を持つ子どもから、嫌がらせや暴言を受けて、話す余地が無くなります。そして、発達障害者が自分に向けてくる言葉や態度、振る舞いが自分の全身に影響を及ぼしてカサンドラ症候群(トラウマ理論では、慢性的な凍りつき、虚脱の不動状態)になることがあります。

カサンドラ症候群に陥っている人は、家族(主にパートナー)が共感してくれない、返事してくれないことに腹が立ちます。カサンドラ状態にある人は、意思疎通できない関係性に陥り、相手に気持ちを察してもらおうと必死に働きかけますが、自分のことを分かってもらえず、話しても手ごたえがないので愕然とします。

しかも、パートナーがモラハラをしてきて、自分を脅かす存在になり、体がこわばります。パートナーが自分に近づいてくると、呼吸が浅くなり、心臓が縮み上がり、全身のこわばりが酷くなり、拒絶反応が出ます。

家庭の中で逃げ場がなく、脅かされることが繰り返されると、張り詰めていた緊張の糸が切れます。そして、虚脱している様子を気に留めないパートナーに対して絶望します。カサンドラ症候群に陥り、身動きがとれない状態が続くと、原因不明の身体症状が現れて、子供の場合なら自律神経失調症、中年期の女性であれば更年期障害に陥ります。

カサンドラになるトラウマ的要因

子供の頃からトラウマがある人は、嫌悪するものに対して弱いところがあり、 不快な状況においては、闘争か逃走か凍りつき反応が出て、落ち着かずに、動悸、焦燥感、動揺、苛立ちが出ます。例えば、 機能不全家庭で育ったトラウマを抱えた妻が、共感性のないつまらない夫と結婚します。結婚後も、再び機能不全家庭に陥り、妻は離婚できずに、身動きが取れなくなると、体調が悪化します。 そして、自律神経系やホルモンのバランスが乱れて、体への不安が増して、精神面に影響が出ます。

別の言い方では、カサンドラ妻は、子供の頃は機能不全家庭で育っていて、親との関係がこじれて、トラウマが複雑化しています。また、ADHDなどの多動性や衝動性といった傾向が強く持っているかもしれません。子供から大人になる過程で、自分では気づかないうちに、体は凍りついて、自分の身体感覚が分からなくなって、不動状態に陥っているかもしれません。そして、大人になって、結婚生活に希望を持っていたのですが、結婚後の夫のクズさに直面して、カサンドラになります。

カサンドラ状態にある妻

カサンドラ状態の妻は、発達障害と思われる夫に理解を求めても、会話がずれて、成り立たずに、苦しい思いを抱えて、体調が悪くなります。夫は妻に対して無関心のように見えて、思いやり、労わりの気持ちが全くありませんでした。妻は夫の嘘や裏切りに遭っているように感じます。夫のコミュニケーション能力の無さで、夫婦生活に心地良さというものが全くありません。

夫がモラハラしたり、キレたり、無視されたり、すねたりして、険悪な夫婦生活が続きます。また、夫が転職を繰り返したり、病気で無職になったり、ギャンブルで借金したりと、妻にもの凄く負担をかけて、まともな生活ができない場合もあります。さらに、カサンドラ状態の妻は、子どもにきちんとした養育をしようとして、偽りの夫婦生活を続けながら、我慢を重ねます。一方、夫だけでなく、子どもも発達障害を持っている場合には、子どもの扱いにも困って、手に負えなくなります。

日に日に、夫に対して怯えや怒り、諦めが増して、心と体を侵食し、本来の生き生きとしていた生命力をみるみる失い、動けずに凍りついていきます。長期間に渡って、夫を憎しんだり、怒ったり、怯えたりする生活が続くと、筋肉が常に縮まり、固まっていくため、動けなくなってカサンドラ状態にします。

カサンドラ状態に陥ると、家の中が地獄のように見えて、逃げ出したくなります。外に逃げる場所がないと、胸や頭が痛み、動悸がして、落ち着かず、気持ち悪くなって、体が動かなくなってきます。体が動かなくて、自分の人生から逃げれなくなり、誰かに助けを求めても助けてくれません。自分の状態がおかしくなっていることを誰かに話しても、誰にも分ってもらえず、苦悩します。

カサンドラ症候群を患いやすい時期は

カサンドラになる妻は、ひとつには、子供の出産前後に夫との価値観の違いが多く出てきて、切迫した状況に追い込まれ、精神的に参ります。ふたつめには、子供が大学に進学し、巣立っていってしまうと、子育ての役割から解放されるため、自分やパートナーと向き合う時間が増えますが、会話が全然かみ合わなくて、カサンドラ症候群に罹りやすくなります。

カサンドラ症候群が重症化すると

家の中のカサンドラ状態から抜け出せなくなると、自律神経系やホルモンのバランスが崩れて、頭痛や腹痛、生理痛、吐き気、蕁麻疹、アレルギー症状、肌の痒みが現れ、心も体も疲れて、ストレスだらけになります。家の中に苦手な人がいて、その気配に神経を張り巡らすと、物音、足音だけでもビクッとして、テレビの音など耐えれなくなります。その限界を超えると、あまりに疲れすぎて寝ているばかりになり、動かないことが体調を悪化させます。そして、心の余裕が無くなり、冷静な判断ができず、夫婦間でトラブルが続きます。

カサンドラ状態が慢性化すればするほど、窮地に追い込まれ、八方塞がりになり、エネルギーが尽きて、体を壊します。ご飯が喉を通らなくなり、喜びや食欲が泣くなり、無気力で、無表情になります。どこにも逃げる場所がなく、家の中では身動きが取れず、慢性的にうつになり、希死念慮が出ます。そして、ただ横になるだけで、起き上がるのが大変になり、本来の人間性を失います。家庭内の慢性化したストレスにより、癌などを患いやすくなり、心疾患、肺疾患、糖尿病、頭痛、多発性硬化症を発症する確率が高くなります。

カサンドラ状態にさせる夫

発達障害やトラウマがある夫で、何か不全感を抱えていて、妻に愛情を与えられないとか、共感することができません。夫の基本的なベースとして、人のことが嫌いでうっとおしく、人の話を聞いているのが嫌かもしれません。また、時間があれば自分の仕事や趣味をしているほうが生産的だと思っています。さらに、日本社会の歪みから、子供の頃の受験勉強から始まり、大人になっても労働時間が長すぎて、夫が死んだように生きるしかなく、妻の気持ちを察するだけの余裕がないかもしれません。

典型的な例としては、夫が発達障害で、まともな社会生活が送れず、経済的に不安定で、家庭内が荒れてしまっていることがあります。また、夫が役職を任されるようになり、責任ある立場について、その仕事での責任やプレッシャーを抱えて、追いつめられながらも、与えられた課題を解決していき、仕事のストレスを家庭に持ち込むようになります。外では、良い夫を演じますが、家の中では、もう無茶苦茶なので、妻がカサンドラ状態になることが多いです。

カサンドラだと訴える妻の問題

カサンドラ症候群の妻は、夫が無口で、自分の気持ちを察してもらえないとか、コミュニケーション能力が無いことを、全部、発達障害のせいにしている人が多く見られます。そして、夫婦間のパートナーシップを持てなかったのは、自分が悪いのではなく、相手が悪いということに終始するかもしれません。

カサンドラ症候群の問題は、夫が発達障害を持っているとか、夫に気持ちを察してもらえないとか、夫との仲が険悪になっているという点に加えて、カサンドラ妻が子どもの頃から過酷な環境に育っているかもしれません。自分の親との関係にこじれて、愛着障害やトラウマを負っていることがあります。

子どもの頃から、親の主張に自分を適合させようとして、親の顔色を伺いながら、良い子でいました。自分を犠牲にして、家族のために、友達のために、一生懸命生きてきました。しかし、自分だけが家族を大切に思っていて、相手はそうではなかったことに気づいて愕然とします。その後も、結婚に幸せなものという幻想を抱いているから、それが違ったときに愕然とします。ふさわしい人を選んだつもりでしたが、その夫は自分の気持ちを察してくれず、価値観も違っていて、その態度を見て動けなくなります。

カサンドラ状態に陥りやすい性格は、真面目、几帳面、世話役、責任感や罪悪感が強く、人に迷惑をかけたくないという信念があります。あとは、カサンドラ状態の妻がもともと発達障害の傾向を持っていて、特殊な神経発達をしているため、夫が妻を理解できないことがあります。また、カサンドラ状態の妻が何かの障害のため、夫の良い部分を受け取る能力に欠けていることがあります。

カサンドラ状態から抜け出すには

カサンドラ状態の妻は、経済的に自立できるように頑張り、クズ夫と離婚するか別居して、自分の人生を歩めるようになれば、カサンドラ状態から抜け出すことが可能です。このようにカサンドラ状態から抜け出すには、不快な状況に留まるのではなく、能動的に逃げること、もしくは戦うことが有効な手段になります。

もう一方では、発達障害のあるクズ夫と思っていたけど、実際はそうでもないという経験をして、夫の良い所にも目を向けたり、自分で納得できる答えを見つけたら、カサンドラ状態から抜け出すことが可能です。また、カサンドラ症候群の人は、肩や首、背中の凝りが酷かったり、身体感覚が麻痺していたり、倦怠感が強かったりするので、自分の体がすっきりした状態になれば、カサンドラ状態から抜け出せるようになります。日常生活の中で、地に足がついている感覚を感じながら、体の力を抜いて、ゆったりとした時間を過ごし、自分の身に纏っている鎧を脱ぎましょう。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-01-27
論考 井上陽平

タイトルとURLをコピーしました