発達障害の子供と大人の特徴とセルフチェック

発達障害は、子どもの思考方法、身体の機能、感情の発達、そして行動パターンに影響を及ぼす可能性があります。具体的には、視覚や聴覚、運動の調整能力、そして話す能力までもが障害の影響を受けることがあります。これらの影響は、子どもが日常の活動をこなす能力、学校での勉強、新しい知識や技能の学習に困難を経験する可能性を示しています。

発達障害を持つ子どもの中には、注意を集中すること、細かい情報を記憶すること、問題を解決するための戦略を考え出すこと、社会的なスキルを学ぶことが難しいと感じる子どももいます。これらの困難は、子どもが幼い頃や成長過程で特に顕著に見られることが多いです。

それぞれの発達障害は、子どもがどのような挑戦に直面するか、またどの程度影響を受けるかは大いに異なります。しかし、適切なサポートと理解があれば、これらの困難を乗り越え、成長し続けることが可能です。そのためには、個々の子どもの困難を理解し、それに対応したサポートを提供することが重要となります。

発達障害の原因と子供の神経系への影響

発達障害の原因は、遺伝的な要素や特定の生理的異常、さらには神経発達の問題は、子どもが発達障害を持つ可能性を高める要因となり得ます。

人間の神経系は、複雑で繊細なシステムを持っています。このシステムは特に、人間の生命が形成され、成長する母親の妊娠期から幼児期までの急速な発達段階で脆弱です。赤ん坊の神経系が、母親の感染症、特定の病状、あるいは有害な化学物質にさらされた場合、その影響は発達障害の形を取ることがあります。

さらに、出生前や新生児期におけるストレス、低出生体重児、早産児、栄養不足、感染症、身体的な外傷、そして有害化学物質への曝露など、さまざまな要因がこれらの発達障害の発生に影響を及ぼす可能性があります。これら全ての要素は、子どもの成長と発達にとって極めて重要な期間である妊娠と出産を通じて、神経系に影響を与える可能性があります。

発達障害の乳幼児期: 隠された困難とその克服

発達障害の赤ん坊は、一見、ほかの赤ん坊と大差なく見えますが、そこには明確な違いがあります。発達障害の赤ん坊の成長と発達は、他の赤ん坊たちより遅れることが多いです。立つ、歩く、色や形を識別するなど、一見単純な認知スキルや運動スキルを身につけるのに時間がかかります。

発達障害の赤ん坊は、初めての言葉も、通常の赤ん坊たちより遅れることが多いです。彼らは単語を理解し、それらを発音し、自分の思考を文章に組み立てることに戸惑います。視線を合わせること、人と接触することにも困難さが見られます。彼らの顔は、しばしば表情が乏しく、感情を表現するのが難しそうです。

彼らは、他の子どもたちに対する興味をほとんど持っていないかもしれません。彼らにとって、友達を作ることは難しく、他の子供たちと遊ぶことや会話を続けることも同様に難しく感じられます。彼らは音や匂いに対して特に敏感で、特定の刺激に過剰に反応することがあります。

発達障害があると、抱かれるのを嫌がる傾向があり、特定の食物に対する偏食が見られるかもしれません。一方で、彼らは特定の感覚刺激に対して鈍感であり、通常の人が感じる反応を示さないこともあります。彼らには強いこだわりがあり、同じ遊びや質問を繰り返すことが多いです。

彼らは、迷子になりやすく、空間認識や注意力の欠如がその原因と見られます。そして、彼らの親たちはしばしば「育てにくい」と感じるかもしれません。これは彼らが日常的な行動や学習で困難を感じていたこと、そして反復性や予測可能性を強く求めていたことを示しています。

発達障害の子供の世界: 教室と心の中の迷宮

発達障害の子どもは、一見すると何の変哲もない子どもと変わらないように見えますが、彼らの心の中は一筋縄ではいかない事情で満たされています。

学校の教室は彼にとっては迷宮で、楽しいとは感じられない複雑さと困難さが絡み合っているかもしれません。一般的な友人関係の形成はどこかで道を誤ってしまったかのようで、彼らの周りには友達の姿が見えないかもしれません。学校の中ではたびたびいじめの対象となり、仲間外れにされてしまう可能性があります。彼らの存在は、他の子供たちにとっても、どこかぎこちない存在となってしまいます。

漢字を覚えることや計算が得意ではなく、苦手な科目が存在していることが多いです。先生からの指示は複雑に絡み合っていて、それがどうすれば正しく実行できるのか理解することが難しいかもしれません。彼らの机の周りには忘れ物が散乱し、宿題も頻繁に忘れてしまうことがあります。

授業中、他の子どもたちが先生の話を静かに聞いている一方、彼らははなんだか落ち着かないかもしれません。そんな彼らの姿に先生からはよく叱られることが多くなります。しかし、彼らは、一人でいる方が落ち着くと感じています。周囲の人々と共にいるよりも、一人でいることの方が好きなことが多いです。

発達障害の子どもは、周囲の空気を読むのが難しく、人々から”空気が読めない”と言われることもあります。また、言葉遣いが他の子供たちとは異なっていて、”言葉遣いがおかしい”と指摘されることもしばしばあります。皮肉や冗談も彼には理解することが難しく、どこか真剣に受け取ってしまう面があります。

彼らの心は時折パニックに陥り、何でもないことを怖がってしまったり、突然自分を傷つけることがあります。また、彼らの身には何故か怪我や事故が多く、その原因は彼ら自身もわからないままです。

発達障害の独特な世界:挑戦と理解への道のり

発達障害を持つ人々の特徴を描くと、彼らの世界がどれほど独特で挑戦的なものであるかが浮き彫りになります。

学生時代以降は一般的に新たな知識の習得や友人関係の形成など楽しみがたくさんありますが、彼らにとってはその楽しさがしばしば複雑な人間関係や困難な学習課題によって阻まれます。教室内での集中力の欠如や学習困難、組織的な課題を経験することにより、教育環境への適応が難しいと感じることがあります。

対人スキルの欠如や他者との違いにより、彼らはいじめの対象になったり、集団から孤立したりすることもあります。また、作業効率が低く、タスクを完了するのに時間がかかることも珍しくありません。彼らは集中力の欠如や注意力の欠如から、しばしばミスや不注意を犯します。

個々の時間を好み、集団活動はストレスと感じることが多い彼らは、社会的な非言語的な手がかりを理解することが困難であり、しばしば「空気を読む」ことが難しくなります。他者の視点を理解することが難しいため、彼らの行動は自己中心的に見えることがあります。また、明確な指示や要求がないと、彼らは自発的に行動するのが難しいと感じることもあります。

自己主張は特に難しい課題です。自分の意見や感情を適切に表現することが難しい場合があり、他者の感情を理解し、共感を示すことも困難です。社会的なルールや習慣への適応も困難で、挨拶をすることさえ困難に感じることがあります。彼らの言葉遣いは、言語表現の問題や独特な語彙使用から、他者とは異なる場合があります。

抽象的な概念や比喩的な表現を理解するのが難しく、彼らは冗談や皮肉を真に受けてしまうことがあります。自己評価が低いため、彼らは自分を過度に非難したり、被害妄想に陥りやすいことがあります。感情のコントロールが難しく、気分の波が激しいこともあります。自己評価が低く、自己否定的な感情を持つこともあります。

このような特徴は、発達障害を持つ人々が直面する様々な課題を示しています。彼らの日々は常に調整と対応、そして困難に満ちていますが、それは彼らが持つ独自の視点と能力を一層鮮やかに照らし出しています。

発達障害のセルフチェック

発達障害は、個々の発達段階でのコミュニケーションや象徴化能力(物事を表現する能力や想像力)といった基本的な能力の遅れや困難を指します。これらの障害は、しばしば生物学的な原因やそれが引き起こす認知的な問題に由来するものです。

発達障害の具体的な例としては、自閉スペクトラム症(これにはアスペルガー症候群や広汎性発達障害も含まれます)や注意欠陥多動性障害(ADHD)が挙げられます。これらの障害を持つ人々は、特定の行動や思考の傾向があり、それらは個々の障害の特性や症状と一致します。例えば、自閉スペクトラム症の人は社会的な相互作用が難しく、ルーティンや一貫性を好む傾向があります。また、ADHDの人は集中力が続かないこと、忘れ物が多いこと、落ち着きがないことなどが特徴として挙げられます。これらの特性は、発達障害を持つ人々が日々直面する課題として現れます。

乳幼児期

①成長や発達の段階に問題が見られた。具体的には、身体的または認知的な成長が予想される範囲内で進行しなかった。

②話し始める時期や独立して歩き始めるような初期の発達段階が遅れていた。特に言葉の習得が遅く、言葉の理解や発話に困難があった。

③社会的な状況において、人見知りが激しく、他人と視線を合わせることが難しかった。

④表情が乏しく、感情や感情の変化を面と向かって表現するのが難しかった。

⑤他の子供たちに対する興味が薄く、友達がいなかったり、新しい友達を作るのが難しかった。

⑥他の子供たちとの会話や遊びが続かず、共有の活動に参加するのが難しかった。

⑦特定の感覚が過敏で、音や匂いなどに非常に敏感だった。

⑧身体的な接触を避け、抱かれることを特に嫌がった。

⑨食事に対して非常に選択的で、特定の食品だけを食べるなどの厳しい偏食があった。

⑩一方で、特定の感覚刺激に対して鈍感で、触感や痛みなどを通常よりも少なく感じることがあった。

⑪特定の行動や習慣に強くこだわり、常に同じパターンを繰り返す癖があった。

⑫同じ遊びや質問を何度も繰り返す傾向があった。例えば、同じおもちゃで何時間も遊んだり、同じ質問を何度も繰り返すなど。

⑬方向感覚に問題があり、迷子になりやすかった。

⑭親や教師から「育てにくい」とされ、特定の行動問題や発達の遅れから、子供の成長と発達をサポートするのが難しいと感じられていた。

児童期(小学校時代)

①学校生活は楽しいと感じることがなく、学校に行くこと自体が苦痛であった。

②友達がいなく、人間関係の形成に苦労していた。

③学校内でいじめや仲間外れにされるなど、社会的な排除を経験していた。

④特定の科目、特に計算や漢字などの学習に大きな困難があった。

⑤先生からは指示が理解できず、同じことを何度も繰り返す必要があったと指摘されていた。

⑥宿題の提出を忘れることや学校の持ち物を忘れることが多く、組織的な課題に直面していた。

⑦注意力の問題から、ケアレスミスが多く発生していた。

⑧授業中に落ち着きがなく、集中力を維持することが難しく、よく叱られていた。

⑨人々との交流よりも一人でいる時間を好む傾向があり、一人でいることが自分自身を落ち着ける方法となっていた。

⑩社会的な手がかりや非言語的なメッセージを読み取るのが難しく、しばしば「空気が読めない」と言われていた。

⑪言葉遣いが独特であり、他者から「おかしい」と指摘されることがあった。

⑫皮肉や冗談を理解するのが難しく、これらを文字通りに受け取る傾向があった。

⑬人々の言葉や行動を文字通りに受け取り、比喩的な表現や抽象的な概念を理解するのが難しかった。

⑭突然の変化や予期せぬ出来事に対してパニックになることがあり、ストレス管理に困難があった。

⑮何気ない日常の出来事を不合理に恐れることがあり、常に不安感に苛まれていた。

⑯感情のコントロールが難しく、時には自分自身を物理的に傷つける行動をとることがあった。

⑰危険を認識する能力が低く、事故や怪我が頻繁に発生していた。

学生時代以降

①学校生活に喜びや満足感を見つけることが難しく、日々の学校生活が楽しくなるという感情に至ることができなかった。

②学校の日常生活や学校の環境に適応することが困難であり、学校生活に違和感や不安を感じていた。

③いじめの対象となったり、仲間外れにされるなど、学校での社会的な排除を経験していた。

④作業速度が遅く、他の生徒よりもタスクの完了に時間がかかっていた。

⑤ミスや不注意が多く、細部への注意力に課題を感じていた。

⑥周囲の人々と一緒にいるよりも、一人でいることを好み、社会的な状況を避ける傾向があった。

⑦他人の非言語的な手がかりや状況のニュアンスを読み取るのが難しく、しばしば「空気が読めない」と指摘されていた。

⑧自分のニーズや欲求に集中しすぎて、周囲への配慮が欠けていると認識されていた。

⑨自分の要求が満たされるときだけ行動を起こし、それ以外の時は消極的であると考えられていた。

⑩自分の意見や感情を他人に対して主張するのが難しく、自分の立場を明確にすることが困難だった。

⑪他人の感情や視点を理解するのが難しく、共感の表現に苦労していた。

⑫挨拶や基本的な社会的なエチケットが不得手で、これが社会的な交流に影響を与えていた。

⑬言葉遣いが独特であり、時折他者から「おかしい」と指摘されていた。

⑭冗談や比喩的な言葉を理解するのが難しく、しばしば言葉を文字通りに解釈してしまっていた。

⑮しばしば自分が非難されていると感じ、被害者意識を持つ傾向があった。

⑯気分の波が激しく、感情の安定を保つのが難しかった。

⑰自己否定感が強く、自己評価が低く、自己愛情が欠けていた。

⑱家族の中にも自分と似たような傾向や特性を持っている人がおり、遺伝的または環境的な要因が影響している可能性があった。

発達障害を持つ子供たちの成長:最適な環境と身体的活動の重要性

発達障害を持つ子供たちは、一人ひとりが独自の能力と個性を持っています。そのため、彼らの成長をサポートするには、各々の子供に合わせた環境作りが重要となります。たとえば、物事の理解や表現が図形的な子供には、絵や模型を使った教育が、また音楽やリズムに敏感な子供には、音楽を通じた学習が適しているかもしれません。そして、子供が得意とする分野を特定し、その能力を伸ばしていくことで、自信を育み、自己評価を高めることができます。

加えて、外遊びは発達障害の子供たちにとって、非常に価値のある経験を提供します。外遊びを通じて、子供たちは身体感覚を鍛えることができます。例えば、トランポリン、鉄棒、吊り輪、一輪車で遊ぶ、遊具の上でバランスをとる、ボールを投げる、走る、跳ぶなどの動きは、自分の身体と環境との関係性を理解し、体のバランスを保つ能力を養います。

さらに、自己認識のスキルも養われます。これは自分の身体がどのように動き、その動きをどのように制御すべきかを理解する能力です。これは、単に身体を動かすだけでなく、感情や行動を適切にコントロールするための基盤ともなります。

このような活動を通じて、子どもたちは自分の身体に自信を持つようになり、予期しない状況に遭遇した時でも、瞬時に闘うか逃げるかを判断する能力を身につけます。その結果、彼らは困難を乗り越える勇気と自己肯定感を持つ子どもに育つことができます。 これらの遊びは、単に身体の運動能力を向上させるだけでなく、子どもたちの自己肯定感や自信を育て、自己治癒力を高め、感情の強化、強靭な精神を養う機会となります。それは、子どもたちが自身の可能性を広げ、困難に立ち向かう力を身につけるプロセスなのです。そして、大人になったとしても、しなやかで柔らかく強靭な身体を作ることで自分を支える力を得ることができます。

当相談室では、発達障害に関するカウンセリングや心理療法を希望される方に対し、ご予約いただけるようになっております。予約は以下のボタンからお進みいただけます。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-07-14
論考 井上陽平

シェアする
inoue youheiをフォローする
トラウマケア専門こころのえ相談室