アスペルガー症候群の女性

アスペルガー症候群とは、社会的な付き合いとコミュニケーション能力(文章や表現など)に関して、一般的なレベルよりも低い特徴を持つ神経発達障害の一つです。この症候群は、子供や若者でみられることが多く、特徴的な発達障害として知られています。この症状は子供たちが対人相互作用を楽しむこと(目と目で見つめ合う、顔の表情、体の姿勢、身振りなど)を妨げ、社会的な参加を極めて困難なものにすることがあります。アスペルガー症候群は、治療や介入などによって、いくつかの行動や文化的な環境の変化をもたらすことができます。

アスペルガー症候群の女の子

アスペルガー症候群の女の子は、幼少期の頃から、視線が合いにくい、抱っこを嫌がる、音や光、匂い、触れるものなどに過敏、パニックになりやすい、一人遊びが多い、特定の遊びにこだわるなどがあります。普通の女の子と同じように様々な感情を抱いたり、友達を作ったりすることができます。しかし、彼女たちは人との交流をしているうちに、相手が自分の要求ばかりを押しつけるようになると、不安と緊張が強くなり、嫌になります。

アスペルガー症候群の女の子の特徴は、
・コミュニケーションが困難
・社交的な行動が少ない
・空気が読めない
・感覚過敏がある
・無機質な行動が多い
・変化に対する抵抗が強い
・情緒的な反応が薄く、無表情が多い
・言葉数が多くない
・言語障害を持つ可能性がある
・女性の輪の中に入っていくことが少ない
・ストレスからくる原因不明の身体症状

アスペルガー症候群の大人の女性

コミュニケーションが苦手

アスペルガー症候群の女性は、全体的にコミュニケーションスキルに関する問題がある場合が多く、社会性が乏しかったりする。危険を感じて、警戒心が強く、過緊張状態のため、他の人との交流を行うことが難しく、他の人との会話を行うための聴覚、視覚、および言語能力に問題が出て、人間関係で孤立します。また、言語や抽象的な思考の把握に時間がかかる可能性があります。

アスペルガー症候群の女性は、対人関係が苦手なため、精神的なストレスや不安を抱えていることが多く、非常に疲れやすいです。また、都市型生活の環境の変化などの影響を受けて、疲労感や不安感を覚えることもあります。

感覚過敏

アスペルガー症候群の女性は、感覚過敏を持っていることが多く、視覚が過敏で、光がまぶしくて疲れたり、聴覚が過敏で、他人の出す音が苦痛になったり、触覚が過敏で、他人が近づいてくることに嫌悪感が強かったりします。その一方で、感覚が鈍感すぎて、痛みや疲労、温度変化に気づかずに、無理をしていることがあります。

アスペルガー症候群の女性は、嫌悪刺激が苦手であり、強い刺激に圧倒されると、頭の中の情報処理が追いつかず、パニックになってしまうことがあります。毎日がとても苦しく、辛抱強く生きるしかない場合は、現実を感じることが苦痛になり、空想に没入してマイワールドを持つようになります。このような人は、解離傾向が高く、独特な世界観を構築していく人もいます。

こだわりが強い

アスペルガー症候群の女性の多くは、固定されているものに安心を得て、変化していくものには敏感に反応するため、同一であることや規則的であることを好みます。一方、他人の行動に合わせることが苦手です。この症候群の人は、活動や食事、運動、休息、睡眠など毎日のルーティンワークを守ることにより、生体機能リズムが崩れないようにしています。

原因不明の身体症状

アスペルガー症候群の女性は、生活全般の有害なストレスを受けることにより、原因不明の身体症状としてストレスが表面化します。神経発達が阻害されているため、不快な状況では、自律神経が調整不全に陥り、絶えず体が怠くて、疲労した状態になります。また、嫌悪刺激を避けるために、危機に備えた生き方になり、神経が痛む場合があります。さらに朝起きられず、夜眠れなくて、生活に支障をきたすことも多いです。

アスペルガー症候群の人を支援するには

アスペルガー症候群の女性と付き合う際には、その人がどのような症状を抱えているのかを理解することが重要です。 次に、この症候群を持つ人は、他人との接触に対して不安を感じることが多いので、安心感を与えるために感情的なサポートをしましょう。また、彼らは、相手の言葉を受け取ったり、複雑な情報を処理したりすることが困難なため、最小限の情報と関連したイメージを簡潔に伝えるようにしましょう。 さらに、彼らは、物事を深く考えたり、物事を強引に展開したりすることがあるので、ゆっくりと話を進めることが大切です。議論はなるべく避けるようにしましょう。 あとは、物事を理解するのが困難なだけでなく、社会的な行動を把握するのも難しいため、その人の行動になるべく合わせてあげましょう。

アスペルガー症候群の人は、不快な状況に耐えていると、体調不良になるので、自分に合った環境を見つけて、能力を発揮するのがいいでしょう。日常的に、体の健康に意識を向け、ストレスや不安、緊張のレベルをチェックし、適切なケアを行うことが必要です。自分のストレスを把握したうえで、睡眠・休息をとるなど、睡眠と適切な休憩を取ることが重要です。また、心理療法を受けることで、ストレスを管理する能力を高めることも効果的です。

当相談室で、アスペルガー症候群についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-25
論考 井上陽平