トラウマティックな脳

人間の脳は、ポール・D・マクリーンの仮説によると、生物が進化していく過程で、最も古い脳が反射脳(延髄、脳幹)で、次に古いのが情動脳(大脳辺縁系)と理性脳(大脳新皮質)に分類されます。人間は進化とともに新しい脳を獲得し、この3つの脳がバランスを取れていると、人間らしさになります。

トラウマティックな脳

理性脳と情動脳

健康な人は、理性脳(大脳新皮質)と情動脳(大脳辺縁系、脳幹)のバランスが取れています。 しかし、不幸にもトラウマを経験してしまった人は、トラウマは過去に起きた出来事というものではなく、現在進行形で、脳内や体に影響を及ぼし、症状は複雑で多岐に渡ります子どもの頃から、体の中にトラウマが刻まれている人は、環境の変化に対して、防衛的な脳が働くため、神経が繊細に反応し、全身は慢性的に収縮する方に向かいます。 外の世界を脅威だと捉えて、不意を突かれると、驚愕反応や苛立ちが出て、怯えた状況が続けば、理性脳が働かずに、情動脳に支配されます。

トラウマティックな脳

トラウマティックな脳になるほど、情動を司る神経系が脅威や危険を察知し、警戒モードに入り、体はすぐに闘争・逃走状態になって、強い緊張が走ります。 そのときに、恐怖から身動きが取れなくなる人もいて、体が凍りつくか、虚脱状態に陥ります。 このように刺激に対して体が過剰に反応します。 そして、自分の意図しない場面でも、過剰に反応するため、理性よりも、情動に乗っ取られて、感情のコントロールが難しくなり、正常な判断ができません。

トラウマが慢性化することで、情動脳の働きが強くなり、理性脳の働きが鈍くなります。 脳の防衛的な部分の働きから、次もまた危険なことが起きると思って、妄想や思い込みが強くなり、自意識が過剰になって、自分を縛ることになります。 情動脳が強い時は、警戒心が過剰で、脅威を遠ざけたいと思って、先読みしすぎて不安になったり、人の気配や物音に敏感になります。 理性脳の働きが弱くなると、冷静に自分を客観的に見ることができません。

過剰な警戒心

虐待やDVなど機能不全家庭で育った人は、潜在的な脅威に備える人生になり、警戒した状態が続きます。体は過緊張や凍りついた状態で、環境のなかに見慣れなものがあるかどうかを注意深く観察します。危険が差し迫った時には、闘争・逃走、凍りつき反応が出ます。

闘争・逃走反応

差し迫った危険的状況において、人は恐怖を感じると、戦うか逃げるか反応に切り替わり、全力で行動します。このとき、交感神経系が活性化し、心拍数や血圧が上がり、筋肉はもの凄く緊張して、通常では発揮できないような力を発揮します。

過剰な情報処理

情動脳では、脳のフィルターがうまく機能せず、全開で感覚過負荷の状態になります。 自分の意志で何かを考えるというよりは、頭の中に大量の情報が入ってきて、勝手に思考がグルグル回り、良いか悪いか分類します。 そのため、都市型生活や集団場面において、過剰な情報処理努力が必要になり、処理するのに疲れます。

あらゆる刺激に敏感

体は危機を感じており、次の脅威に備えて、脳は人の気配や足音、息遣い、声のトーン、目つき、表情、話の内容を敏感に受け取り、頭の中で分類していきます。 そして、人に見られていると強く感じると、緊張が強まり、感情に支配されて、思考が混乱します。

先読み癖

体にトラウマが刻まれている人は、急なことや想定外のパターンに弱く、驚愕反応が起きたり、思考や動きがフリーズしたり、感情のコントロールが難しかったりします。 最悪な事態に陥らないように、次の変化に備えて、周りを警戒し、先読みして行動するようになります。 そして、あらゆるパターンやシチュエーションを想定するようになり、こういうパターンではこうなるとか、ああいうパターンではこうするとか、次こうなったらこうするとか、もしこう聞かれたならこう返すとか考えます。 また、自分の言動が相手にどのような影響を与えているかを考えます。

注意・集中の問題

落ち着いた場所で過ごしている時は、興味や関心のあることには注意が向いて、活発な行動、思考が見られ、過集中になります。 そして、普段の何倍もの力を発揮することができます。 しかし、都市型生活でノイズが多い場所では、頭の中に大量の情報が入ってきて、注意散漫になり、集中力が低下します。

問題解決力

不快な状況にいて、情動脳が働いている時は、体の緊張が強く、頭の中でどうしようとか、どうしたいかと悩んで、いますぐなんとかしたいと思います。 人間関係に問題がある場合は、問題解決するために話し合って、納得できる答えが見つかればすっきりします。 問題解決に慣れている人が、問題を解決できずに、打つ手がなくなると、途端に無力になります。

過覚醒

恐怖を感じて、情動脳が強く反応し、交感神経が過剰になり、過覚醒になると、前頭葉の実行機能が十分に機能しなくなります。 過度に警戒して、気持ちが落ち着かなくなり、周囲が見えなくなって、リスクを考えずに無計画な行動を取るため、問題行動が頻発します。 過覚醒状態のときには、恐怖に怯えて、感情が鎮まらず、悶々として、苛立ち、焦り、睡眠障害などの症状が出ます。 また、能力の限界に対する認識を欠き、理性的な判断を求めても難しいです。

ストレスホルモン

複雑にトラウマがある人は、環境の変化に対して、交感神経系が活性化し、過覚醒状態にあるので、普段からストレスホルモン(コルチゾール)が高い状態にあります。強いストレスを感じたときは、ストレスホルモンが高い状態を維持して、場合によっては交感神経系に乗っ取られて、感情の調節が出来なくなります。また、ストレスが去った後でも、ストレスホルモンが通常に人よりも下がりにくく、不快感が残り続けます。トラウマが慢性化すると、ストレスホルモンであるコルチゾールが枯渇して、副腎疲労になり、言いようのない不安感や倦怠感、朝のだるさ、食欲不振、無気力など生活に支障が出ます。

不快な状況が続くと

不快な状況に曝されているのに、問題が解決できない場合は、落ち着かなくなり、じっとしていられなくなります。そして、居ても立っても居られないイライラのなかで、打つ手がないと、感情が爆発するか、精神が崩壊します。その後、 気が狂った状態になって、怒り、攻撃性、恨み、苦痛、恐怖、悲しみの感情が渦巻き、最高の極限状態で、混乱と絶望に陥ります。

解離・視野狭窄

恐怖に体が凍りついて、感覚が麻痺すると、解離症状が現れます。解離傾向が高まると、視野の広さが狭くなり、周りのことがよく分からないもどかしい感覚になることがあります。 自分の周りに膜(ヴェール)があって、自分と外の世界が分かれていて、意識がぼんやりしたなか、生きている実感が乏しくなります。

過剰な同調性

トラウマがある人は、人に良く思われることが最大の防衛になっていることがあります。外の世界では、良い人を演じて、人に良く思われようとします。共感性が高くなり、相手の感情や苦痛を自分の事として感じたり、空気を過剰に読んだり、相手に過度に同調します。

刺激を強く求める

環境の変化に敏感なので、傷つきやすいところはありますが、好奇心が強く、好きなことをとことんまで打ち込みます。 活動的な人は、セルフイメージがポジティブで、知的好奇心が強く、刺激を求めに行きます。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-02-14
論考 井上陽平

タイトルとURLをコピーしました