原始的防衛機制の投影性同一視|ボーダーの心理

精神分析

投影性同一視(投影性同一化)は、精神分析家で対象関係論のメラニークラインが明らかにしたものです。投影性同一視は、自分の望まれない、あるいは耐えられない欲求や感情が切り離されて、相手に投げ込まれます。投げ込まれた自己部分は、相手が持っている欲求や感情であるかのように扱います。

投影と投影性同一視の違い

精神分析学では、投影という現象が最も基本的な概念になります。投影とは、自分の内的世界で沸き起こる不安や欲求などを相手に映し出してしまう心の働きです。投影性同一視では、投影する側と、投影の受け手が相互に影響し合って、コミュニケーションの側面として見ることができます。

原始的防衛機制の投影性同一視

投影性同一視は、境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン)の患者がよく使う原始的な防衛機制と言われます。投影性同一視は、トラウマの影響から、自我が脆弱になり、生存を高めようとする脳が働くため、脅威を遠ざける防衛が発動し、自己と対象の関係が緊張したものになります。そして、自己と他者の肯定的性質と否定的性質の両方をあわせ、現実的に全体として捉えることに失敗していき、自己と対象の否定的性質から自分を守ります。そして、自分の否定的な感情や欲求、恥などを処理できず、自分の感情や行動をコントロールすることができないため、相手を巻き込んで解消しようとします。

ちなみに、防衛機制とは、不快な状況、または潜在的な脅威に曝されたときに、それによる不安を軽減しようとする無意識的な心のメカニズムです。無意識的な防衛のメカニズムなので、本人が意識することができません。原始的防衛機制は、重篤な病理状態に見られる防衛機制になります。

コミュニケーションとしての投影性同一視

投影性同一視の概念は、様々な精神分析の臨床家が議論しており、病的な人だけに起こる現象ではなくて、健康な人にも起こります。投影性同一視は、様々な不安や衝動を排除し、良い対象に自分の良い部分を投げ入れる共感的なコミュニケーションとして使われます。また、悪い対象は自分への迫害者とみなし、自分の悪い部分を投げ入れて、自分の身の安全を守る場合もあります。

投影とは、相手が本当に自分のことを好き嫌いかではなく、自分自身が思っていることを投影していることが多いです。良いものを相手に投げ入れる人は、一般的には、自分に自信があり、人を信頼していて、自分は相手に好かれていると思って接します。また、自分を守るために、相手に良いものを投げ入れる人もいて、その人は良い関係を維持しようとしています。悪いものを相手に投げ入れる人は、自分に自信がなく、人を信頼できず、自分は相手に嫌われていると思って接します。また、相手に悪いものを投げ入れることで、自分が正しく思えるからそうする人もいます。

正常な発達の人と病的な人の違い

正常な発達している人は、自分が自分であることが当然の感覚であり、自己の連続性が一貫していて、自他の区別がしっかりあり、相手は自分と同じように考えることはないとか、他人のことは分からないものであると考えています。

しかし、病的な人は、心と身体に痛みが刻まれて、動けなくなっていき、自分の感情が分からなくなります。そして、自我がまとまりを欠いて、自己が断片化し、自分のことが分からなくなります。自分が自分で無くなっている人は、自己の連続性がなく、自他の区別がつかなくて、相手の欲求や感情、考えが入ってくるように感じたり、混ざり合っているように感じられたりします。彼らは、相手の考えていることが分かるかのように思い込み、同じように自分のことも分かってもらいたくて、分かり合いながら、自分と他者が融合的な同一化することで自分を癒そうとします。一方、自分にふさわしくない、あるいは耐えられない欲求や感情、考えは否認されて、相手が持っているかのように感じます。

病的な人は、ショックを受けた際に、凍りつきや虚脱してしまうため、常に危機を感じ、崩壊への不安が強く、一般の人と比べると、過呼吸やパニック、離人、解離など精神の崩壊しやすさは5-100倍くらい高いです。彼らは、非常に敏感で脆くて、生活のありとあらゆる場面から、脅威を探し出すことに長けています。この世界の全ての人が敵になっているかのように感じて、相手に自分の破壊的部分を投げ込み、相手が自分を破壊しているかのように振る舞います。自分の破壊的部分を相手そのものにして話をひっくり返すため、投影性同一視に巻き込まれた人は、その場にいることがしんどくなります。

病的な投影性同一視

臨床現場で関わる人は、重篤な病理状態の人もいて、彼らは孤独で寂しく、愛情に飢えていて、この世界への基本的信頼感が欠如しています。自分の認めたくない、あるいは耐えらない欲求や感情を分裂排除され、相手が持っているものだと思います。

病的な投影性同一視をしてくる人は、絶え間ない家庭内の虐待やレイプ、犯罪被害、いじめなどの被害者に多く、犯罪に巻き込まれて監禁されていたとか、長らく家庭や学校という名の強制収容所で、酷い仕打ちを受けてきました。彼らは、過酷すぎる環境のなかで、脅かされることが繰り返されてきたため、自分の気持ちを切り分けて、加害者の主張に適合したり、正解を探したり、共感を示したりしてきました。その一方で、自分の言葉や気持ちを表現できず、自分の欲求や感情は麻痺させてきました。

彼らは、本当の自己はどこかにいってしまって、偽りの自己が日常生活を支配するようになり、あたかも正常かのように見せて、環境に適応します。そして、生き残りの戦略として、加害者の要求に同調し、思いやりや愛情を持って接している部分が活動していますが、怒りや恐怖、怯えなどのネガティブな感情を持った防衛的なパーツは身体のどこかに追いやられます。

加害者から逃れることに成功して、平穏無事な世界に戻れたとしても、彼らの体は危機や崩壊への不安があり、脳はその危険信号を受け取り、過剰に警戒していて、脅威を遠ざけようとする防衛が働きます。彼らは、人の否定的な反応が怖く、人から非難されたり、自分が信じた人に裏切られたりすると、いとも簡単に精神が崩壊するかのように経験されます。

彼らは、潜在的な脅威に対して、非常に敏感で、なんでも脅威に感じてしまい、すぐ被害者になります。どのような組織の中でも、苦手と感じる特定の人がいて、自分が脅かされている被害者になっていくため、周りを騒がせるトラブルメイカーになります。苦手な人との間でトラブルになっているときは、過覚醒や部分的なフラッシュバック、解離が生じて、左脳の働きが鈍くなり、理性的な判断が難しくなります。相手が自分を脅かしてきていると被害的に受け取るため、自分の加害性は否認されて、自分の都合の良いようにしか考えられません。

彼らは、とても傷つきやすく、人に頼っては裏切られる経験を繰り返し、また相手を信用しても裏切られると思っています。今まで、人の身勝手さ、エゴ、欲、嫌なものを見せつけられて、何度も傷つかないといけないのかと思い、感情的になりすぎて、冷静に判断できません。そして、周りの人たちのせいで、自分の人生が台無しになり、泣き寝入りするしかなくて、腸が煮えくり返るような思いを抱えています。

彼らは、いつでも自分は脅かされている被害者になるため、自分を脅かしてくる相手が悪いとなって、自分の否定的な感情は否認され、相手がそのような感情を持っているかのように感じます。そして、自分の否定的な感情を受け入れることができず、自分は酷い目に遭わされたと悔しがり、分裂排除された否定的な感情を周囲にまき散らします。

また、サバイバーとして生き延びてきたパワーは凄まじく、人と関わる場面において、相手に支配されそうになったり、意識で押さえつけられそうになったりすると、先手を打ち、相手を攻撃してしまいます。しかし、彼らは、被害者意識がもの凄くて、自分の怒りや攻撃性は、加害者のものであると否認されたり、相手の感情が入ってきたかのように扱ったりして、自分は相手に攻撃されているように感じます。

このような病的な投影性同一視する人の内的世界では、戦ったり逃げたり、愛着を持つなどの防衛的なパーツが存在します。日常生活を送る自己は、相手の表情や声のトーン、振る舞い、感情などに敏感に反応して、防衛的なパーツが侵入するため、相手次第で自分の状態が変わってしまいます。つまり、相手との関係で、自分の性質とは思えない欲求や感情、思考が、自分の内的世界から沸き起こりますが、それは相手からもたらされたものだと受け取ります。

投影性同一化が激しい人は、話し相手との関係が深まると、防衛的なパーツが自分に入ってくるため、めまぐるしく状態が変わり、自分のことで混乱します。自分自身の体が、戦ったり逃げたり、愛着、性愛の防衛パーツに乗っ取られてしまい、防衛的パーツが話し相手とやり取りします。トラウマ再演の場面では、完全に防衛パーツに支配されて、本来の自分は、無力な状態に陥り、恐怖に怯えた被害者になります。客観的な事実は、防衛パーツと話し相手との関係になりますが、客観的な事実と合っていない、もう一つの心の世界を本来の自分が体験しています。

本来の自分は、いつも誰かに傷つけられた被害者になり、相手は自分を傷つけてきた加害者のように見えます。そして、分裂排除された否定的性質は自分のものではなく、他者に投影され続けます。このように大変困難な環境にいる人ほど、自身の否定的性質は排除されると同時に、純粋さが高まり、自他未分化な状態のまま、対象を求める質が極端になります。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-04-21
論考 井上陽平

コメント

タイトルとURLをコピーしました