境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害は、不安定で激しい人間関係、不安定な自己像、衝動性、自殺の脅し、自傷行為、気分の急激な変化、慢性的な空虚感、感情調節の問題、妄想、解離、見捨てられたりする可能性に過敏な特徴があります。

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の原因

境界性パーソナリティ障害の人は、これまでに複雑なトラウマを負っている方が多く、虐待やネグレクト、機能不全家庭、性暴力被害、学校のいじめなど被害者であることがほとんどです。ベースに発達障害を持っていたり、母親との関係がトラウマになっていることも多く、自己像や感情の調整において非常に不安定です。人間に対しての基本的信頼感が育っておらず、この世の中に対して不信感から、周りを注意深く観察しています。

境界性パーソナリティ障害は、男性よりも女性に多くいます。境界性パーソナリティ障害とかぶる症状は、複雑性PTSD、双極性障害、発達障害、統合失調症、解離性障害、解離性同一性障害などです。この障害を持つ人は、40代以降は徐々に落ち着くと楽観的な見解もありましたが、うつや慢性疲労や慢性疼痛などの原因不明の身体症状できつくなるという意見もあります。

境界性パーソナリティ障害の子ども時代

虐待を受けた子どもは、その家の空気に押し潰されていき、無力な状態になります。親の喧嘩や怒鳴り声に、怯えて、身体を縮ませてきました。家の中では、親との権力関係に従属しているため、理不尽に八つ当たりされても、身体を凍りつかせるか、死んだふりをして対応します。自分の身に脅威を感じると、サバイバルモードに変化し、子どもの神経は張りつめて、物音や声、言葉、匂いなどあらゆるものに敏感になり、親が今どこで何をしているかを、ずっと目をこらして、耳をすませて生きてきました。そして、対処できないことが起きないように、常に気を張って生きるようになり、些細なことでも見逃したら致命傷になると思っています。

良い子として育つ

悲惨な家庭で育つ子どもほど、生き残るために、親の主張に自分を適合させようとして、親のご機嫌を取りながら、共感を示し、行動の順序を考えます。親を怒らせないようになだめて、子どもの本来の感覚や感情を最大限に抑制し、一生懸命に誉めてもらおうと努力します。そして、身勝手な親に抵抗するよりも、自分を犠牲にして、家族のために頑張りました。

思春期の頃には、心身に限界がきて、失感情、うつ、摂食障害、強迫性障害、情動調整が難しくなり、家族や周りからは問題児扱いされます。子どもは家族を大切に思ってきましたが、自分は大切にされてなかったことに気づき、人生の目標を見失い、方向性が変わります。このように家族関係の歪みを受けて、小さい頃から身代わり役、世話役、良い子の役割を受け負わされてきましたが、精神が崩壊していきます。

母子関係のトラウマ

外面の良い母親が家の中では、父親との関係が最悪で、フラストレーションを溜め込んでいます。また、子どもの相性が良くなく、恐怖に怯えたり、いきなり態度が豹変して怒ったりします。母親が豹変して罵倒してくるときは、子どもは嵐が過ぎ去るのをじっと待ちます。母親は父親への不満が強く、子どもはその愚痴聞き役になります。

父親が最悪な場合

父親からの虐待やDVが酷く、怒鳴り散らしている場合は、子どもは為す術もなく、無力になっていきます。母親への助けを求めたくても、負担になりたくないという思いから、どうしても言えなくて、本音や本当の感情を押し殺します。

人間関係のトラブル

境界性パーソナリティ障害の人は、異性関係や職場の人間関係において緊密な関係になり、トラブルになると、自傷行為したり、自殺すると騒いだりします。行動が不安定で、感情を調節することが難しく、過食症や家庭内暴力など、衝動的な行動を繰り返します。一人でいると空虚な自分に向き合うことになるので、虚しくて、寂しいので、親しい友人に何度も電話をかけるなどの行動があります。迷惑がられて注意されると怒鳴り散らす、罵るなど過剰な反応が見られます。

感情の起伏が激しい

過去のトラウマの痕跡から、機嫌が良いときと悪いときの感情の起伏が激しく、ジェットコースターのようです。さっきまで笑っていたのに、急に怒ったり、無表情になったりします。境界性パーソナリティ障害の人は、激しい怒りの感情、強い抑うつ感や不安な気分を持ちます。情緒が不安定で、見捨てられ不安など、自分の不安を処理できません。

理想化と脱価値化

とても辛く、苦しい毎日を過ごしているので、安心感を与えてくれる人に対して、理想化し、頼ろうとします。しかし、理想化した人が、自分の思ったような返事をしてくれないと、惨めで、恥ずかしくなり、胸がざわついて、不快な気持ちになります。そして、理想化した人を脱価値化させ、こき下ろしてしまいます。

見捨てられる不安

境界性パーソナリティ障害の人は、大切に人に拒絶されたり見捨てられたりすることを恐れており、一人でいることに耐えられません。一人になると心細くなり、どうしていいか分からなくなり、不安に襲われて、じっとしていられなくなります。心の中は、真っ暗な世界に一人取り残されたような寂しさや孤独感があり、誰にも頼れません。見捨てられ不安から、一人きりの不安な状況に耐えれず、過去のトラウマ(養育者との分離不安など)に巻き込まれてしまうと、気が狂いそうになり、混乱と絶望になります。

そのため、見捨てられてることを避けるために、相手の顔色を伺い、自分の気持ちを後回しにして、死に物狂いでしがみつきます。自分の気持ちをコントロールできず、怒りで関係を壊してしまったときは、パニックになり、もの凄く罵ったり、自傷行為や自殺のそぶりを見せて、相手を困らせます。次の日になると、大事な人への謝罪の気持ちや自己非難が繰り返されます。

境界性パーソナリティ障害の人は、いつも誰かそばにいてほしいと思い、マメに連絡がほしくて、誰かに寄生した生き方になります。不安定な自己像を、相手に寄生することで自分を安定させます。恋人の異性関係に敏感で、嫉妬や束縛が激しくなります。

試し行動

見捨てられる不安から、相手の愛情が本物か偽物かを確認するために、相手の限界まで試します。試し行為を続けて、大事な関係が壊します。

慢性的な空虚感

境界性パーソナリティ障害の中核には、慢性的な空虚感を抱えています。家庭内で脅かされることが繰り返されるときに、怒りや苛立ちを見せると、かえって辛い思いをするので、何も感じないようにすることが有効な方法でした。しかし、その異常な環境で、異常な状態の生活が当たり前になると、心にポッカリと穴が空き、自分の感覚が分からなくなり、人間の根源的なものが欠けていきます。慢性的に感覚が麻痺していくので、自分が自分で無くなる不安が襲い、何かの対象に依存することで、自分の存在を確かめます。しかし、対象が存在しなくなると、自分は存在しなくなるような不安があります。

感情の鈍磨

感覚が麻痺していくと、気力がなくなり、何も楽しくなく、感情が平板化します。今まで本音や本当の感情を押し殺してきたから、実感に乏しく、自分は今まで何をやってきたかとか、自分は何者なんだろうとか、今本当に生きてるか、存在しているかを怖くなります。自そして、楽しい記憶が残らずに、悲しかった、苦しかった記憶ばかり残り、人生を振り返っても、楽しかった記憶が思い出せません。ネガティブな記憶ばかりになるので、それが自分を縛り付けて、無気力になり、何もしたくなり、何をするにしても面倒になります。

戦う人格

表向きは、親子関係で育まれてきた良い子の自分が生活して、大切にしてくれる人に愛着を持ちます。しかし、嫌悪する刺激には、脅威を遠ざけようとする防衛が働きます。そして、交感神経系に乗っ取られ、違う自分が出てきて、良い子の自分は背後に隠れて、自分を眺めます。一方、情動的な人格部分が身体を支配して、脅威と戦います。

大事な人と言い争ってしまったときは、脳がフリーズして、身体が勝手に動いたりします。酷い時は、交感神経系に乗っ取られており、怒りが収まらなくて、情動的な人格部分が暴れます。相手がその場から離れていこうとすると、必死にしがみつく行動を取ります。そして、見捨てられ恐怖が高まり、混乱してしまうと、自暴自棄になり、投げやりな行動や自殺をほのめかす行動、自傷行為をするなど、包丁を持ち出したり、飛び降りしようとするので、警察沙汰になることがあります。

脅威を遠ざける防衛

脅かされることが繰り返されてきた人は、生き延びてきたパワーがあり、押さえつけられそうになると戦うか逃げるかします。また、脅威を遠ざけようとする防衛が働くために、攻撃される前に攻撃してしまいます。相手に支配されないように、相手の意識で押さえつけられないように、先読みして、先手をうち、過剰に反応します。相手が何かを言う前に自分が言って多弁になります。 

白黒思考

境界性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃から、親の愛情が欲しくて、頑張ってきましたが、何度も手のひらを返され、恐怖に怯えたり、元気を失くしたり、自己非難を繰り返してきました。そのため、強い緊張状態で、失敗を避けたり、これ以上傷つかないようにするため、白か黒か、0か100かの境界線を引いて対応します。

彼らは、その場のしのぎの優しさや愛情入らないと思っています。普段から、曖昧なことや中途半端なことに耐えることが難しいです。物事を白黒はっきりさせないと、落ち着かなくなり、自分が自分で無くなる不安があるため、夜中までどうするかを話し合ったりします。また、相手の人を自分の敵か味方かをはっきり区別したり、失敗すると全てがダメになると思い、完璧でないといけないと思っています。

痛みの体

体は凍りついたり、死んだふりをしており、興奮、警戒、退屈、倦怠感、イライラ、解離、麻痺、虚脱など、敏感すぎたり、感覚が鈍感だったり、様々な状態の間を行ったり来たりしています。体を見ると、首が腫れている、胸や背中が痛い、喉が痛い、手足がキンキンに冷えている、節々が痛いなど痛みの体になっています。また、普段から、息が浅く、心拍数が下がり、体温が下がって、自律神経系や免疫系、内分泌系に問題が出てきます。

自他境界の曖昧さ

体が凍りついて、刺激に敏感になっていますが、自己感覚は希薄です。脳のフィルターがうまく機能せず、大量の情報が頭の中に入ってきて、情報処理が大変です。その人の状況とか感情とかのエネルギーが絡まってきて、相手の気持ちや思考が混ざります。

正義感

境界性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃から、身勝手な人に脅かされてきた経験から、悪事を働く者を悪者として捉えて、その悪者をなんとかやっつけて正しくよりよいあり方を探ろうとします。そして、悪者に打ち倒すことで、それまで暗闇であった場所に明るさを取り戻そうと試みています。

しかし、世の中や社会、親子関係、友達の人間関係において、完全な正義だけを求めていたら人間関係を保っていくことはできません。人間は善に向かう道のりのなかで罪を犯すものです。人間には悪の側面が含まれているので、人間関係を結ぶとなると、友人や親友、恋人関係において、それらに直面することを避けることはとても難しいです。正義感が強すぎて、人の悪い言動に少しも耐えられず、すぐに関係を切ってしまうような人は、あらゆる人間関係を築くことが難しくなります。

異性関係

境界性パーソナリティ障害の人が恋愛をした場合は、気分のアップダウンがつきものであるため、心を搔き乱されて、自分の感情や行動をコントロールできなくなります。相手に自分のことを分かってもらえなくて、相手の言葉や態度に傷ついて、揉め事や言い合いが増え、心身が疲弊して、関係が長続きしないことが多くなります。人間関係をうまくやれない自分を否定したり、相手を責めたりして、泥沼化していきます。相手の人生を壊したくなくて、一緒にいるのが辛くなったり、それでも愛情を求めてを繰り返します。

普通の人が踏み入れない領域にも

トラウマの凍りつきや虚脱状態にあり、イライラ感や妙な不安があり、夜は寝つけません。朝は体調が悪く、憂鬱な気分です。昼の仕事をすることが難しく、夜のほうが体が動くので、水商売で働く人が多くなります。普段から、寂しさや孤独に耐えれなくて、落ち着きがなくなり、じっとしていられない衝動から、誰でもいいからと利用して、不特定多数の異性と関係を持つ人もいます。また、自分が納得できたり、自尊心を満たすことができるなら、普通の人が踏み入れない領域まで平気で行えて、風俗で働くことからAV女優になる人もいます。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-02-27
論考 井上陽平

タイトルとURLをコピーしました