トラウマ症状の種類

トラウマ的な出来事は、自分では対処できず、激越な感情が襲い、激しいダメージを負うため、身体に恐ろしいことが起きます。息の根を止められるような最重度のトラウマ場面では、恐怖と凍りつく寒さで、体が極限まで縮こまり、血の気が引いて、身体が崩れ落ちていき、気を失います。

トラウマの種類

トラウマ症状の種類

外傷体験の記憶の中で最も精神的ショックが大きい所をホットスポットと呼びます。人によってトラウマのホットスポットの恐怖は違いますが、差し迫った脅威に対して、過覚醒になり、人間の身体は極限まで拡張と収縮を繰り返して、バンと破裂するような体験になります。そのときは、自分の容量を超えてしまっていて、対処できず、最重度のトラウマになります。

人は命の危険に直面すると、行動する準備をして、交感神経が活発に働き、手足を機敏に動かして、戦うか逃げることが可能になります。しかし、自分を脅かしてくる対象が圧倒的に強い場合は、戦うことも逃げることもできず、本来取るべき行動が妨げられて、身動きが取れなくなり、身体が凍りついて、不動状態になります。その後も、脅かされることが繰り返されると、解離・離人、死んだふり、機能停止、虚脱、人格交代が起きます。

闘争/逃走

人は危険が差し迫ると、目をこらし、耳を澄まして、胸がざわついて、過剰警戒になります。脅威が目の前に来ると、交感神経が活性化して、心拍や呼吸が増えて、血液を筋肉に送り、行動を取る準備に入り、闘争/逃走状態になります。身体は興奮して、過覚醒になり、ブワッと毛が逆立ち、目が大きく開かれ、瞳孔が拡張し、呼吸は浅く早く、心臓がバクバクして、血液を全身に送り、手足の力がみなぎり、機動力にもなります。脅威を前にして、極限の状況下では一瞬スローモーションになるような体験をする人もいます。

凍りつき

凍りつきは、今にも脅かされそうな状況で、頭の中は、「大変だ!どうしよう」と焦っており、じっと耐えながら、時間が経つのを待ってます。このとき、周りの様子を伺うことができますが、身体は恐怖のあまりに身がすくみ、胸が圧迫されるような痛みや喉がつっかえて、息が止まります。凍りつき状態から動いても抵抗できない場合は、感覚が麻痺して、声を出すことも、叫ぶこともできず、頭の中が真っ白になることもあります。

不動状態

敵に捕まる場面では、戦うことも逃げることもできず、体に力が入っているのに動けなくなります。恐怖が怒りを抑え込み、心拍や血圧が上がり、過覚醒で、気持ちが高ぶり、交感神経と背側迷走神経が過剰に拮抗しあっています。もの凄い緊張状態のなか、解離や離人、機能停止、虚脱していくかもしれません。

解離・離人

解離・離人は、恐怖に動けなくなり、感覚が麻痺していくときに、自分の身体がぼやけていき、自分の身体が切り離されていくような感覚や、この現実世界から離れていく現象です。また、恐怖に圧倒されて、交感神経がシャットダウンし、筋肉が極度に弛緩され、心拍や血圧が低下して、意識が朦朧としているときに解離します。

解離症状が重たい人は、恐ろしい体験をすると、凍りついて、不動状態に入り、パニックや混乱、震え、死んだふり、機能停止、虚脱などが起き、うまく立ち回ることができません。また、身体感覚や感情がぼやけて、ただの抜け殻になり、何も出来なくなります。そのため、危機的状況では、自分を解離させ、体を防衛的な人格に明け渡すことで、すぐ対応できるようにします。解離する前の自分は、内的な世界に行き、自分の姿をぼんやり眺めていたり、夢の中にいたり、気を失ったりして、いつの間にか終わっています。現実世界は、危機的な状況のため、解離した後の自分が対応しています。解離した後の自分は、その場その場の役割を演じます。例えば、攻撃して身を守る人格が出てきた場合には、トラブルメイカーになりやすく、冷静な人格が出てきた場合にはスムーズに対応します。

ここで問題なのは、危機的状況において、別の人格に明け渡して対応しているので、世間一般の人からは、本体が狂気のまっただなかにいて、凍りついて動けないとか、解離・離人しているとか、虚脱していることが目に見えないことです。周りにいる人は、自分なら絶対取らないような言動をしている姿をその人だと思います。そのため、解離する前の自分は、解離した後の自分が興奮して暴れるなどのトラブルを頻発させると、自分ではない部分が周りの人に認識されるため、どんどん誤解されて、無力で絶望的な人生になります。人は、自分が想定しているなかでしか理解しようがないので、凍りつきや不動、解離、離人、虚脱、別人格化の現象は、一般の人に理解してもらうことが難しく、研究も進んでいないのが現状です。

死んだふり

死んだふりは、敵と向き合っても敵わないことが分かっている場合は、戦ったり逃げたりせずに、全身を縮めてうずくまります。動かないという捨て身の戦法を取って、脅威からの攻撃を防ごうとします。死んだふりの人は、息を潜め、足音を忍ばし、自分の存在を消しながら、人目につかないように隠れて、他の人たちの様子を見ています。脅威の対象がいる場合は、その対象が居なくなるまで待ちます。

機能停止

機能停止は、危機的な状況に直面して、張りつめていた緊張感のなかで、戦ったり逃げたりできない場合は、動けなくなり、五感、呼吸、筋肉、血液循環、消化器、エネルギーの活動機能を一部停止させて、最小限のエネルギーで留まり、生き延びようとします。全身は固まり、凍りついて動けず、身体から魂がどこか遠くに消えてしまったような抜け殻状態で静止しています。

虚脱

虚脱は、脅威を目の前にして、全身が凍りつき、胸や背中が痛み、手や足が突っ張って動かせない状況でも、容赦のない攻撃を受けるときに生じます。このときは、息の根が止められて、酸欠状態になるか、腸が捻じれるような痛みを発するか、筋肉が力を失うかなどして、心臓の働きが落ち、血の気が引いて、意識が遠のき、身体が崩れ落ちます。崩れ落ちるときは、全ての望みが放棄されて、絶体絶命のなかで、交感神経がシャットダウンし、張りつめていた緊張感が破壊され、足がワナワナガクガ震えて、身体が鉛のように重くなり、力が入らず、跡形もなく消えてなくなるような体験です。

虚脱状態の人は、顔は青白く、全身の筋肉が緩み切って、身体が開ききり、心臓がぽわーんと膨らんで、脈が弱くなり、身体の感覚がぼやけます。身体が溶けていくと、自分の身体と外の世界との境界が曖昧になり、この世界との接点が消え、どんよりとした世界になります。離人感や現実感喪失症などが現われて、目の見え方がおかしくなり、感覚が狂って、自分の気持ちが分からず、自分の向かいたい方向性が喪失します。

捻じれるトラウマ

捻じれるトラウマは、不意を突かれた激しいショックにより、筋肉が崩壊して、身体が捻じれてしまい、身体のパーツが反転して、白目を向いたまま気絶します。このショックにより、過去と現在の時間軸が遮断されて、過去から繋がっている自分と今の自分が繋がらなくなります。今の自分は、現実を生きており、捻じれてしまった身体を持っています。過去から繋がっている自分は、あちら側の世界にいて、夢の中にいます。

捻じれてしまった体を持つ人は、トラウマティックな状態にあり、身近な人の意識が入ってきて、思考や感情が混ざります。自分の欲求や気持ちよりも、相手に合わせて、自分の心や体が捻じれていき、解離することがあります。

バラバラになるトラウマ

人の悪意によって、脅かされることが繰り返されると、心と身体の機能がバラバラに断片化していきます。トラウマでバラバラになっている人は、例えば、足は冷えて力が入らない状態になっていますが、胸は熱くて、首や肩に凄い力が入っているなど、体の部位によってそれぞれ反応は違います。酷い場合には、自分の身体の輪郭が消えて、自分を覆っていたもの全てが剥がれていき、自分の存在が分からなくなります。そして、首から下の身体のパーツがなかったり、手足が切断されていたり、頭、手、腕が離れていたり、上半身と下半身の繋がりバラバラだったり、生きながらに死んだような不気味な感覚がつき纏います。複雑なトラウマがある人は、記憶や体験、身体がバラバラになり、その内的な世界では、防衛パーツ同士の葛藤が強く、戦闘状態になります。身体のパーツのそれぞれが怒りや怯えといった相反する感情を持ち、投げやりになったり、引きこもっていたり、うんざりした状態にあります。

小さな死と大きな死に抗う力

人の悪意によって、脅かされることが繰り返されると、意識を失い、小さい死を向かえます。このときは、防衛の第一戦線が突破され、活動機能の一部を停止させます。小さな死の場面では、頭の中が砂嵐が起こり、目の前が見えなくなって、黒い中で輪郭しか見えなくなります。工場のガシャンガシャンする音が鳴り響き、暗いトンネルを通過して、その先に夢心地の至福が広がります。一方、この状況でも身体は生き残ろうとしており、防衛の第二戦線が発動して、火事場の馬鹿力を発揮します。ただそのときは、体がバラバラに動きます。上半身と下半身、手足がバラバラになって、身体がもがき苦しみ、手足をバタバタさせて、大きな死に対して最後の抵抗をします。

虚脱状態からの激しい攻撃性

脅かされることが繰り返されて、窮地に追い込まれた状態でも、追いつめられた鼠が猫を噛みつくように、身体は反撃しようとして、激しい攻撃性を内包しています。身体を動かすエネルギーはないですが、脅威の対象が背中を見せているその隙に激しい攻撃性や自暴自棄な反撃、無秩序な逃走反応を見せることがあります。

子ども人格からの回復

虚脱したときは、精神や肉体が崩壊して、抜け殻のような状態になります。人がそこから回復するときに、子ども人格になることがあります。暴れて力尽きた後、性格が一変して、子どもの頃の無垢な自分に戻って、そこから少しずつ心身の機能を取り戻し、大人の自分になります。

神秘的な回復

身体が凍りついた後でも、安全な場所に退避するとか、他者から温かく心強いサポートがあると、極限に収縮した状態から、身体の拡張と収縮のリズムを取り戻すため、闘争・逃走のエネルギーが神経系から解放されます。全身がブルブル、ガクガクと震えて、目や鼻からも大粒の涙が溢れ、光が溢れ返り混じり合う現実の世界に戻ってくることができます。このように他者の援助を借りてトラウマから回復することができれば、絶望に対する経験が変わり、自分の態度や思考も変わるでしょう。

子どものトラウマ

子どもが慢性的に危険な環境をやり過ごすときは、次の脅威に向けて、交感神経が活性化する過覚醒になり、戦うか逃げるかの選択になります。しかし、安全でない環境を生き残るために、戦うか逃げるかの選択が無効な場合は、低覚醒になり、あたかも眠ったかのように過ごしたり、感覚を麻痺させてやり過ごします。一般的に、慢性的に外傷体験に曝されている人は、日常生活を困難にすることに対して、意識を変容させ、あいまいにしたり、忘れたりした方が楽なのでそうします。しかし、あたかも正常かのように生活が送れているように見えて、その個人の内的世界は、葛藤があって、戦闘状態です。自分を偽った生活が続くと、内的世界の葛藤が強くなり、全身に及ぶ複雑な疾患になります。

四重の恐怖サイクル

心と身体が凍りつくようなトラウマを負っているにもかかわらず、自分を脅かしてくるその張本人とともに日常生活を送り続けることで四重の恐怖サイクルにはまり込むことがあります。警戒心過剰で、外界の脅威に備えた人生になります。自分の中に安心して住むことができなくて、世界中の人が敵にしか見えなくなるような知覚や気分の変動が起きることがあります。生活全般において、ありとあらゆることがトラウマのトリガーになっていき、凍りつきや崩れ落ちていくことが恐怖になります。また、感情に圧倒されて、我を失い、統制の効かない問題行動を繰り返し、怒りをコントロールできなくなることを恐れています。

①外傷体験に刻まれた恐怖と戦慄の衝撃
②身体の凍りつきや崩れ落ちる恐怖
③強烈な怒りや破壊の衝動を統制しきれない恐怖
④生活場面や人と関わることなど本来危険でないはずのものまで恐怖に感じる

トラウマの治癒には、複数の恐怖について、どんなに怖かったかを話していきます。自分のことをたくさん話すことで、トラウマ的出来事に対して少しずつ慣れていき、客観的に見れるようになって、トラウマを克服できるようになります。さらに、身体に着目したアプローチを行い、人間が本来備えている生命エネルギーの源として感じられるように支援が必要です。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-03-07
論考 井上陽平

タイトルとURLをコピーしました