人と関わりたくない心の病気

対人関係

人と関わりたくない人の心理は、複雑であり、さまざまなパターンがありますが、心身の状態が悪く、人と会って話すと極度に疲労を感じることが多い。 人と楽しい時間を過ごさなければと考えてストレスになり、自分自身のことを維持するだけで精一杯なため、気を使って会話するより、一人で家で過ごした方が楽に感じます。また、人と関わりたくない人は、自分に自信がないことが多く、自分の事を知られたくないと思います。自分のダメなところを持っている自覚があり、自分の存在が恥ずかしいと思っています。

人と関わりたくない病気

人と関わりたくない病気として、社交不安障害や孤独症、抑うつ症状、回避性パーソナリティ障害などが考えられます。社交不安障害は、社会的な場面や人とのコミュニケーションにおいて不安や恐怖を感じ、避けたがる傾向があることを特徴としています。孤独症は、他人との関係を持つことに対して抵抗や距離感を持つことを特徴としています。抑うつ症状は、長期的に悲しみや落ち込み、人間関係に対して興味喪失や疎遠感を感じることを特徴としています。回避性パーソナリティ障害は、他者の拒絶や批判に対する感受性が鋭く、極度の内気な性格のため、社会的な状況や他人と接することからの回避と撤退の長期的なパターンを特徴としています。

対人恐怖と対人疲労

人と関わりたくない人は、人が怖くてしょうがない場合と、人が嫌いなわけではないが、相手のことを考え過ぎてしまって疲れてしまう場合があります。どちらの場合も、これまで人と関わってきた中で、人に裏切られたり人から傷つけられたり、意図せぬ形で人を傷つけてしまった等、過去の何らかの出来事が関与していることがあります。

人が怖くてしょうがない場合は、新しく人との関係性を築こうとする気持ちにもなれないため、現状の辛さから抜け出せません。人が嫌いなわけではないが、相手のことを考え過ぎてしまって疲れてしまう場合は、本心は人と円滑に交流したいと思っていたり、孤立したくない思いを合わせ持っていますが、解決策が見つかりません。

複雑なトラウマの影響から

人と関わりたくない人は、どこかで外傷体験を受けており、足元がグラグラする不安定な人生を過ごしている人が多いです。また、親から条件付きの愛情しか貰えず、親に操作されながら育っていたり、大人のふりをしながら育ってきました。子どもの頃から、他人の顔色を伺ったり、いろんなことを先読みして他人に合わせることで、脅威となる対象から自分を守って生きてきたため、その防衛反応が無意識のうち働き、人と関わるときに影響を及ぼしてしまいます。

複数なトラウマを抱えている人は、強い刺激に曝されると、体が凍りついて、崩れ落ちていくため、現実の様々な困難に対して、立ち向かうことが難しくなります。周りの皆は、うまくやれているけども、うまく立ち回れない自分に悲嘆し、失望します。また、崩れ落ちるトラウマの影響を受けている人は、身体が脆弱になっており、自分を守るために頭の中で過剰な情報処理をして、状況把握に努めます。

複雑なトラウマがある人にとって、人と関わることが一つのミッションとなります。このミッションをクリアするために、無意識のうちに沢山のアンテナを作動させ、必要な情報収集や分析をして、その時の状況に合う自分に最適な対応の仕方を模索してしまいます。次第に頭の中で情報が溢れすぎてオーバーヒート状態になり疲弊していきます。また、人と関わるときは、警戒心が過剰になり、頭のセンサーが働いて、対象の人物そのものだけではなく、取り巻く環境に対しても、頭の中で情報処理をし続けます。

対人関係で起きていること

人と関わりたくない人は、人から傷つけられるという恐怖心が強く、人から危害を加えられないためにも、相手の期待に応えようとしてしまいます。繊細な人ほど、周囲の状況や人の表情、仕草、言葉などに敏感に反応し、人間関係を良好に保とうと努力しますが、その時に自分自身を犠牲にしてしまったり、相手の反応が気になり過ぎて、心身の疲労を招いてしまいます。相手は何を求めているのかを考えて、その相手に合わせようとして、頭の中でいくつか考えていき、いろいろと模索しますが、いつも上手くいかない結末が見えてきて、身動きが取れず、憂鬱に囚われていきます。人と関わる時間が終了すると、相手の望む自分になろうとした分だけ、ぐったりと疲れて、しんどくなります。

このように、人と関わりたくない人は、人と関わるときに先回りして、相手が何を求めているかを考えて相手の答えを出そうとします。彼らは、人の気持ちに敏感すぎて、相手のご機嫌を取ろうとして考えを張り巡らしているから、人と関わる事がしんどくなり、一線を引きたくなります。人と会いたくない、1人になりたいという気持ちが高まります。頭の中のゴチャゴチャした情報を消去して、もう何も考えたくないとか、ぼーっと過ごしたいと思って、人のいないところに行きます。

苦手な人との関係性

人と関わりたくない人は、自分の好きな人や信用できる人、仲の良い人との関係は問題ありませんが、苦手な人との関係に思い悩んでいます。人と関わりたくない人が、特に苦手と感じる人の特徴は、一線を引こうとしているのに、それに気づかずにガツガツと詰め寄ってくる人や、すぐに怒鳴ったりする人です。苦手な人と過ごす時間は、警戒心が過剰になり、過緊張状態で、頭の中の思考がグルグルします。心に余裕がなくなり、些細なことで感情が溢れてしまうとか、頭の中の情報処理が過剰になり疲れてしまいます。

苦手な人から逃れられない状況が続くと、冷や汗をかいたり、動悸が高まったり、体が凍りついたり、崩れ落ちたりして、もの凄いエネルギーを消耗します。人から注目されることが苦手な人は、他人が自分の事をどう感じて接しているのか気になり過ぎて不安になり、悪い方向に考えてしまい疲れてしまうこともあります。また、人から怒られることが苦手な人は、誰かの怒鳴り声に反応して、とても怖くなり、その怒鳴り声の人と関わる事ができなくなります。周りの皆と比べて、上手く対応することができない自分に腹が立ち、自分を責めてしまう人も多いです。

苦手な人との関わり方は

人と関わりたくない人が、苦手な人を目の前にすると、自意識が過剰になり、体の中から強い抵抗が出て、苦手な人とは極力関わりたくないので、一線を引こうとします。苦手な人との関わり方は、人それぞれいろいろな方法がありますが、自分の体に負担がない方法を模索するのが良いです。苦手な人との関係はほどほどにして、自分をしっかり保てるようにして、自分から人を選びましょう。

苦手な人に対して、プライベートな場面では、一切関わりを持たないようにしたらいいと思います。しかし、ビジネスや学校などの公的な場でのやりとりは、関わらないといけなくなります。面倒な人ほど、トラブルが起きないようにきちんと丁寧に接したほうがいいでしょう。また、どんな人でも必ず良いところがあるはずと思って、相手の良いところを探して、相手の興味のあるものを会話の中で投げかけていきましょう。そして、何に食いつくかをみて、その相手の興味を持っている内容を話して、その場をしのぎ切るのが良いでしょう。

無理をしない、嫌われる勇気

人と関わり疲れてしまった人は、無理に相手に合わせようと思わず、一人でしっかり休むようにしましょう。相手に合わせようとしすぎると、体がもたないので、嫌われてもいいやと思うようにしましょう。自分が疲れないように、人と関わる場合は、どの程度の距離感を保てばいいかを考えていきましょう。また、相手の顔色を伺ってしまう癖を治すか、一人の時間を有意義に過ごしましょう。

人と関わりたくない人の治療

人と関わりたくない人の治療には、精神科医やカウンセラーによる心理療法が有効です。心理療法の中でも、認知行動療法やトラウマへのアプローチが有効だと思います。認知行動療法は、不安や恐怖を引き起こす考え方や行動パターンを変えることで、不安を克服する方法です。トラウマへのアプローチは、恐怖や不安を引き起こす刺激に対して、自分の体の反応を感じてもらって、恐怖や不安を克服する方法です。

また、社交不安症の人には、グループ療法や社会スキルトレーニングなども有効です。グループ療法では、他の患者さんと一緒に社会的な場面や人とのコミュニケーションについて学ぶことができます。社会スキルトレーニングでは、人とのコミュニケーションや交流のスキルを学ぶことができます。抑うつ症状には、心理療法だけでなく、薬物療法も効果があります。症状に応じて適切な治療法を選択することが重要です。治療は、個人差がありますので、専門家による適切な診断と治療を受けることが必要です。

当相談室で、人と関わりたくない人についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-08
論考 井上陽平

コメント