自己肯定感が高い人と低い人の特徴・原因

心理学

自己肯定感とは、自分が存在していること、そしてそのままの自分でいて大丈夫であるという安心感や信念を指します。この考え方は、自分に対して無条件に肯定的な態度をとり、自分の意志に基づいて行動することが重要だと示唆しています。

自己肯定感が強い人は、自分自身への信頼感があり、自分の価値観や能力に関して真実を理解していることが特徴です。さらに、彼らは失敗や挫折に遭遇した際にも、それらの困難を乗り越える力が強く備わっています。これは、自分の能力に自信を持ち、ポジティブな態度で取り組むことができるからです。

それに対して、自己肯定感が弱い人は、自分自身を否定的に評価する傾向があり、自信を失いがちです。このような人たちは、自分の能力や価値観に対する認識が不十分であり、それが自分を過小評価する原因となります。

強い自己肯定感

強い自己肯定感は、人間としての本質的な価値や価値の感覚に根ざしたものです。このような自己肯定感を持つ人々は、自分の価値が能力や外的状況に依存するのではなく、内面から湧き出るものであることを理解しています。その結果、彼らは困難な状況や挑戦に直面しても、自尊心を保ち続けることができます。

強い自己肯定感は、人生において極めて重要な役割を担っています。それは、自分自身を尊重し、自分の価値を認識する力を与えてくれます。また、自己肯定感に溢れた人々は、自分に対する高い自信を持つことができます。この自信は、人生のさまざまな局面で困難に立ち向かい、克服する力を与えてくれます。

さらに、強い自己肯定感を持つ人々は、他人からの支援や援助を必要とすることが減ります。これは、彼らが自分自身で自分の人生をコントロールし、自分の人生を充実させる力を持っていることを意味します。このような人々は、内なる強さや自信から人生の主導権を握り、自分自身の成長や幸福を追求することができます。

自己肯定感が高い

自己肯定感が高い人は、自分に対してポジティブなイメージを持ち、自分自身を信頼し、積極的に評価することができます。このようなポジティブな自己認識は、自分に対する自信や肯定的な感覚が高まることで生まれます。彼らは自分の強みや弱みを理解し、自己改善や成長に努める姿勢を持ちます。

また、自己肯定感が高い人は、他人に対してもポジティブなイメージを持ちやすくなります。彼らは周囲の人々に対しても好意的な態度を取り、互いに尊重し合う人間関係を築くことができます。このように、自己肯定感の高さは、自分自身だけでなく、他人との関係にも良い影響を与えます。

自発的な存在

「自発的」という言葉は、自分自身の意志や意図によって行動や発言が行われることを指します。自発的な行動や発言は、人の内なる意志や目的に基づいて選択され、実行されます。自発的な行動の例としては、自分で働く決定を下すことや趣味を楽しむことが挙げられます。

一方で、他人からの圧力や指示によって強制される行動は自発的とは言えません。これらは、外部からの要因や影響によって動かされる行動であり、自分自身の意志とは無関係です。

自発的な行動や選択は、自分自身の意志や選択に基づいているため、それに伴う責任も自分自身にあることを意味します。その結果、自発的な行動を取ることは、自己の自由や自主性を発揮することとなります。これは、自分の人生を自分自身でコントロールし、主導する力を持っていることを示しています。

無条件の肯定

「無条件の肯定」とは、自分自身や他人を評価する際に、条件や判断基準を設けず、その人の持っているものや持っていないもの、行動や結果に関わらず、肯定的な感情を持っていることを意味します。無条件の肯定は、人間の本質や価値を尊重し、相手の人間性を大切にするメッセージを伝えます。

無条件の肯定は、自己肯定感や他者への信頼感を高めることに役立ち、人間関係の改善にも寄与します。これにより、互いに尊重し合い、支え合う関係が築かれることが可能となります。無条件の肯定は、愛や支援、信頼といった感情を背景としており、しかし、完璧さや実現可能性を期待することはありません。

自分自身や他人を無条件に肯定することは、相手を励まし、自分自身にもポジティブな影響を与えることができます。無条件の肯定を通じて、自分や他人の強みや弱みを受け入れることができるようになり、相手の成長や発展を促すことができます。

弱い自己肯定感

弱い自己肯定感は、自分の能力、業績、他人の意見などの外的要因に依存しています。このような自己肯定感を持つ人々は、達成感や他人からの肯定的なフィードバックによってのみ自分自身に対する評価が向上する場合があります。つまり、彼らの自尊心は、外部の状況や評価に大きく左右されることになります。

しかし、この種類の自尊心は破壊されやすく、否定的な経験に対して非常に敏感です。例えば、失敗や批判を受けた際に、彼らの自己肯定感は著しく低下し、自分自身を否定的に評価する傾向があります。このような状況は、自己評価が不安定であることを示しており、ストレスや悩みの原因となることがあります。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は、自分に対するネガティブなイメージを持っており、これは自分への自信や肯定的な感覚が低下することから生じます。このような人々は、自分に対する信頼感が低く、自分自身を消極的に評価する傾向があります。

さらに、自分自身に対する低い評価感は、他人に対してもネガティブなイメージを持つことにつながります。その結果、周囲の人々との関係が悪化し、不信感や冷たい態度を受けることが多くなります。これは、自分自身を含めた人間関係が良好でない状況を招くことになります。

受動性

受動性とは、自分の行動や反応において受動的、非能動的、または無関心な状態や傾向を指すもので、イニシアチブの欠如や状況で行動を起こさないことが特徴です。受動性は、さまざまな形で現れることがあります。例えば、発言しなかったり、意見を表明しなかったり、責任を回避したり、タスクを引き受けなかったり、意思決定に積極的な役割を果たさなかったりします。

受動的な人々は、自分の行動を導くためや、決定を下すために他人に依存する傾向があります。このような受動性は、個人に悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。受動性が続くと、無力感や自分の人生に対するコントロールの欠如を感じることがあります。

低い自尊心

低い自尊心とは、不安感、不十分さ、および自己疑念を伴う、自分自身に対する否定的で不適切な評価を指します。自尊心の低い人は、自分が十分でないと感じることがあり、他人と自分を比較することもしばしばあります。この低い自尊心は、不安やうつ病の感情を引き起こす可能性があり、他人との関係や相互作用にも悪影響を与えることがあります。これは、人のメンタルヘルスと幸福に対して有害となり得ます。

例えば、自尊心の低い人は、リスクを冒すことを避ける傾向があり、発言や主張をすることを躊躇します。また、批判や拒絶に対して過敏になることがあります。低い自尊心の根本的な原因には、子供の頃の経験、過去のトラウマ、拒絶や批判の経験、否定的なセルフトークや自己批判などが含まれます。

まとめ

自己肯定感は、メンタルヘルスと幸福において重要な要素です。それは、生まれながらに持っているものであり、育ち方や環境、経験によっても変化することができます。自己肯定感を向上させるために、ワークショップやカウンセリングが実施されており、弱い自己肯定感を持つ人も、治療、内省、そして否定的な考えや信念への挑戦を通じて、自己肯定感を向上させることが可能です。

自分一人で自己肯定感を高める方法として、心地良さを追求することが大切です。例えば、快適なパジャマを着たり、リラックスできるソファに座ることが効果的です。自分自身を大切にし、粗末に扱わないで優雅に扱うことが、自己肯定感を高めるための鍵となります。

また、自分に対するポジティブなアファメーションや自己慈しみを実践することも役立ちます。自分に対して優しい言葉を使い、自分の長所や達成したことを認めることで、自己肯定感を高めることができます。さらに、自分の意見や感情を大切にし、自己表現を恐れずに行うことも、自己肯定感を向上させるために重要です。

自己肯定感を高めることは、自分に対する信頼や自尊心を向上させ、より幸せで充実した人生を送ることができます。自己肯定感を向上させるために、自分を大切にし、心地良い環境で過ごすことを意識して取り組みましょう。

当相談室で、自己肯定感についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-2-12
論考 井上陽平

心理学
シェアする
inoue youheiをフォローする
トラウマケア専門こころのえ相談室

コメント