無条件の愛情と条件付きの愛情

親子・家族

子どもにとって、無条件の愛情を与えてくれる親は、たとえ自分が間違いや失敗を犯して、他人からは責められても、その間違いすらも、受け入れてくれる存在です。子どもは、幼少期の頃は、親の価値観を信じて、愛情を貰いたいと思います。同時に、常に親に対して、安心感を求めており、どんな時も側にいてほしいと思ったり、自分の1番の良き理解者だったり、味方であってほしいと思っています。

無条件の愛情を受ける子ども

子どもは、自分の意志や力で人生を築いていくことができない段階にあるので、子どもの心身に親の言動や家庭の状況が反映されてしまいます。ほど良い親の元で、無条件に愛情をもらった子は、社会に出て、他者に理解してもらえない場合でも、親がありのままの自分を受け入れ、許してくれた安心感があるため、あまり傷付くことなく前に進めます。

無条件の愛情とは、子どもが良いこと・悪いことをしようが、他の子ども達とは比較せずに、温かく見守るような態度のことです。親から無条件の愛情を与えて貰うことにより、ここだけは何をしても大丈夫と思い、子どものままでいられます。親に対する絶対的な信頼があり、安心・安全感のもとで成長していきます。親から無条件の愛情をもらった子どもは、必要な条件がなく生きていけるので、自分の感情や意見を大事にして、力強く自由に生きることが可能になります。

子どもが成長していく過程において、親から愛情をたっぷり貰った子どもは、人から愛される喜びや安心感を知っているので、自分以外の他者を愛せるようになります。親にありのままを受け入れられて育った子どもは、自分を偽らなくても自分らしく生きていいという自信が備わっているので、心身とも健康に育ち、社会の中で他者と交流することが苦に感じにくくなります。

条件付きの愛情しか貰えない子ども

一方、条件付きの愛情しか貰えなかった子どもは、本当の安心感を与えて貰えていないので、自分のことを認められず、挫折しやすくなります。条件付きの愛情とは、子どもが良いことをした時だけ、ほめたりすることです。親にとっては都合の良い子に育つかもしれませんが、子どもは、親の期待に応えようとして頑張り、良い子のふりをしながら、不安や緊張をベースにした生き方になるかもしれません。

条件付きの愛情しか与えない親は、自分の育ってきた環境が大きく影響していることが多く、不安や心配事を抱えながら、子どもの気持ちに寄り添うよりも、自分の思った通りの子どもに育ってほしいと思います。子どもが自分の意に反することをすれば機嫌が悪くなり、子どもは親の顔色を伺いながら、親の正解を探す人生になります。親は巧みに子どもの行動を操作していくようになり、子どもの主体性は失われて、心が空虚になってしまうかもしれません。親がとにかく酷い場合には、子どもは複雑なトラウマを負い、無力感に苛まれて、自分を無価値だと思って、自尊心が丸ごと無くなるような体験をしているかもしれません。

成功または合格といった達成感や満足感も、親から無条件の愛情を貰った子どもは、自分の価値観を基準にして判断したり評価できますが、親から条件付きの愛情しか貰えなかった子どもは、周囲の人から認められなかったり、自分自身がある程度のところまで条件を満たすことができても、そこで達成感や満足感を得ることができません。親から認めて貰ったり、受け入れて貰えないと、子どもの心の中では成功したということにはならず、親の期待通りにできなかった自分を責めたり、悲観したりします。

条件付きの愛情しか貰えなかった子どもは、親から失敗や過ちを許して貰えなかったことが多かったため、自分とは正反対の位置にある、ありのままの姿でいる他者に複雑な感情を抱きやすくなります。また、自分の気持ちは却下されたり後回しにされ、いつも親の意向に合わせることしかできなかったため、自分を卑下してしまい、自己肯定感が低く、逆境体験に弱くなり、人生がうまくいかなくなることがあります。

愛情不足で育った子どもは、繊細で臆病になり、何をするにしても自分に自信を持てず、他人からの評価を気にして、嫌われることを恐れているかもしれません。また、些細なことでも感情が溢れてしまって、他人から批判されることが怖くて、落ち着かないまま成長していくかもしれません。一方、自己肯定感は、親との個人的な体験だけでなく、社会や文化、学校の影響を大きく受けます。子どもは、社会、文化、家族、学校に依存しており、親からの愛情を貰えなくても、それ以外のことで恵まれたら、健全に育つことが可能です。逆に、親からたっぷり愛情を貰えても、自分を取り巻く環境が悪かったり、本人の気質や生まれ持った性格などの要因により、人生が上手くいかない場合もあります。

親子関係

子どもにとって、どんな親であろうと、自分の親であり、生きていくために必要な物を授けてくれる唯一無二の存在となります。子どもは、家族という狭い社会(組織)の中を主体(母体基盤)にして成長していく過程を歩んで行きます。最も身近な親の生き方(姿)が、子どもの見本となったり道標となり、その後の人生に大きく影響します。

一般的には、親は子どもに、どんなことがあっても愛情を注ぐほうが良いと思います。日本の児童憲法では、「われらは、日本国憲法の精神に従い、児童に対する正しい観念を確立し、全ての児童の幸福をはかるために、この憲法を定める。」と、唱えられています。そして、「児童は、人として尊ばれ、社会の一員として重んじられ、よい環境のなかで育てられる」と記されています。また、「すべての児童は、心身ともに、健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。」、「すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ…(以下省略)」と続いて記されています。しかし、実際の家庭においては、この児童憲法に記されているようにはいかない家庭もあります。

子育てには様々な意見があります。子どもの成長のためには、厳しく育てるべきだという考え方の人もいます。人生が上手くいかない人に対して、過保護に甘やかされたからだと考える人もいます。自分が育ってきた環境が生きていく土台となり大人になっていくので、自分が親になった時に、自分の親の価値観が自分に無意識のうちにすり込まれていて、自分の子どもの育て方に影響している人もいると思います。

子どもの成長のためには、厳しく育てるべきだという考え方の人の中には、失敗や過ちを恥のように捉えて生きてきた人が多く、完璧に近づけるように努力をしてきたり、辛い思いを経験してきたのかもしれません。子どもに恥をかかせたくないと考える人もいれば、子どもの失敗は親の恥に繋がるとか、親の躾の問題だと思われ自分が恥をかきたくないと考えている人もいるかもしれません。過保護に甘やかされた子どもほど挫折するという考え方の人の中には、厳しすぎる親の元で、理不尽な思いをしながらも、あらゆる困難を乗りこえてきました。なので過保護で育ってきた人は苦労知らずに思えてしまい、そんな人達がいつか困難にぶつかった時に挫折するだろうと勘ぐってしまう人もいるかもしれません。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-08
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する

コメント