親の呪縛に縛られている人の心理状態

親子・家族

このページでは、いつまでも親の呪縛に縛られている人の心理状態について書いています。親に縛られている人は、親が望む人生を生きようとしてきました。しかし、親の機嫌に振り回されて、悲しく、長く縛られる人生になります。親というのは本来、我が子に無償の愛を与える存在であり、人は親から愛情を注がれ健やかに育っていきますが、親から適切な愛情を注がれず、健全に育つことができない人もいます。例えば、親から性的虐待を受けている子どもは、親を気持ち良くさせる付属品にされてしまいます。親の要求に応じると親は機嫌が良くなるので、親の機嫌を良くするために生きるようになり、その生き方が自分の人生になってしまうことがあります。

父親に縛られている人は、父親が神のような唯一無二の存在となっており、理不尽で無慈悲な父なる神に支配されてしまいます。父なる神は、旧約聖書のヤハウェのような絶対的な権力者であり、その姿は勇ましく頼もしい存在ですが、いきなり何をしてくるのか分からないという恐怖も兼ね備えている存在です。そのため、無慈悲な父なる神のもとで育つ子は、常に気を抜けず、危険から身を守るために過覚醒で対応せざるを得なくなります。一方、親の優しさに期待したら、自分の思っていない想定外の結果が起きて、大抵が裏切られて、落ち込むことの繰り返しで、ちょうど良い状態でいることができません。そして、自分の居場所がなく、自分の軸がないまま成長していきます。

親に縛られている人は、子どもの頃から、親に叩かれたり、怒鳴られたり、両親の喧嘩を見たりして、常に神経を張りつめさせてきました。そして、「父親は何か気に入らないことがあるとすぐに激怒する」、「母親は父親に怒鳴られて、子どもは、その母親を慰める役割になる」、「母親から否定的な言葉ばかりを聞いて、一日中愚痴の聞き役に徹する」、「親が幸せでないから、自分は幸せになってはいけない」等と、一般的に思っている人が多いです。しかし、酷いことをしてきた親に対して、反抗もせず、可哀そうに思えてきたり、親が抱えている苦しみから解放させてあげたいと思うようになります。

また、親に縛られてしまった人は、「親が自分のことを愛している」とか、「親に嫌われてしまうことが怖い」とか、「親に申し訳ない」とか、「親が気持ち悪い」等と考えてしまいます。この状況を他人が見れば、親に縛られているように見えますが、本人は親と関わっていたいと思い、親と縁が切れてしまうところに、不安や怖さを抱きます。

親に縛られている人は、親から否定されても大丈夫なように、何も感じない人形のように生きます。親を機嫌よくさせることとか、親を安定させるためだけに生きて、暗い影を背負います。親の思った通りにできなかった時は、自分を責めてしまい、罪悪感を植え付けられたように苦しくなり、誰のことも信じられず、認識が歪んだ人生になります。親の機嫌を良くするために、親に忠誠を誓うようにしてきたので、自分の人生を自分で決めることができず、ただその場その場を流されるまま生きてきました。また、自分の感情を持つと、それまでの親との関係が崩れ、予期せぬ事態を招いてしまうかもしれないと思い、ややこしくなることを回避するため、自分は我慢をして、家族の平穏を祈ります。

いつも親の顔色を伺い、親の意向を汲もうとする良い子を演じているため、自分の本音を言えず、ネガティブな感情が残り、ますます親に縛られていきます。そして良い子の限界が来ると動けなくなり、自責感や無力感に苛まれて、自分の意志がなくなり、感情が平板で、人間らしさが失われたモノ化の状態になってしまいます。疲労や痛みのせいで麻痺して、現実感が無くなり、記憶が薄れ、フワフワしながら生きています。地に足がついていない感じで成長し、体だけが大きくなります。生き生きとした世界が失われてしまってから、自分は変わってしまい、本当の自分が分からなくなります。

自分の状態がおかしくなっていることを親は分かってくれず、助けてもくれません。危機的な状況のなか、慢性的に過覚醒や凍りつき状態になり、トラウマの状態から抜け出せなくなります。心は過去に囚われたまま、いろんな感情が蘇ってきて、頭の中のグルグル思考から離れられなくなり、自分がどういう風に考えたらいいかと沼にはまり、新しいことに踏み出すことができなくなります。先行きが不安で、行き先もなく、出口がなく、絶望的な状態のため、全身に力が入らなくなり、いろんなことを諦めるしかなくなります。

異常な環境で育った人は、何が普通か分からなくて、これが正しい判断か分からなくなり、周りに流されてしまいます。親が自分の辛かった気持ちを分かることもなく、これまでの自分の人生の中心が親だったために、何をしていいか分かりません。自分の人生は、何をやっていても意味がないと思い、人生の方向性を見失います。周りの人は、自分で判断して、仕事を選び、結婚していくのに対して、自分は経験が積み上がっていかず、人から求められていたことをやっているだけです。

人間は、本来心地よさを求めて行動しますが、自分を偽り、逆の行動を取り続けると病気を患います。現実世界のなかで、自分の感覚を頼りにして、自然体で過ごせるようになると、親に囚われることが減っていきます。どうしようもない親に対して、まともに相手をしていたら、しんどくなるだけなので、もう振り回されたくない、これ以上苦しめられたくないと思うことが大切です。親の異常だと思っていた行動を分析して記録し、対決を求める姿勢が必要ですが、親に分かってもらえないことがほとんどです。自分は親とは全く別の存在であることを自覚して、自分の歩むべき道を心に定めていきましょう。

当相談室で、親の呪縛に縛られている人についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2022-12-29
論考 井上陽平

コメント