迷走神経反射と背側迷走神経の過活動

神経科学

迷走神経反射は、迷走神経が刺激を受けた際に引き起こされる自律神経反応のことです。迷走神経は、大脳から下垂体や心臓、腸などの内臓にかかる重要な神経系で、自律神経を調節する役割を持っています。一般的に迷走神経反射は、心拍数を下げたり、呼吸を深くしたり、腸を調節する役割を持っています。

背側迷走神経は、迷走神経の別の部分で、防御反応や不安反応を引き起こす役割を持っています。この部分は、危険やストレスに対して、心臓の収縮を減少させ、呼吸を抑制するなどの防御反応を引き起こすことができます。

迷走神経反射の発作

複雑なトラウマを経験している人は、自律神経が調整不全に陥りやすく、その自律神経が乱れたときに、生命の危機を感じて、発作が起きます。脅威を察知して、交感神経が過剰になると、呼吸が荒くなり、心臓の鼓動が速まって、機敏に体を動かそうとします。しかし、交感神経がシャットダウンして、背側迷走神経が過活動になると、心臓の働きが弱くなり、徐脈になって、血流が回らず、酸欠状態のなかで、息が吸えず、あくびが連発します。そして、全身の血が引いて、顔面蒼白、寒気、真っ白になります。その後、吐き気や下痢、腹痛、体が怠くて居てもたってもいられずに、死にそうな恐怖を感じます。

このような発作を迷走神経反射と呼び、トラウマの経験と関わる症状の一つとして考えることができます。過度のストレス、緊張、疲労、急激な痛みが襲い、切迫した状況で、身動きが取れなくなり、生命の危機を覚えるほどの不安を感じると、自律神経の調整が効かず、背側迷走神経(原始的な神経)が過活動になり、虚脱性の不動状態に入ります。人が虚脱していくと、心臓の働きが弱まることで、血圧が下がり、いきなり視界がぼやけて、声が遠のき、体調不良、原因不明の身体症状、うつ、解離、昏睡、フラッシュバックなど様々な症状をもたらします。

迷走神経のような神経の反応は、心と身体のバランスに深く関係していますが、自分でコントロールすることが難しいです。 繊細で生真面目な性格の人は、緊張や不快な状況の中でも、我慢してしまうため、過度のストレスとなり、ちょっとした体の不調が引き金となって、迷走神経反射の発作を発症することがあります。

背側迷走神経が過活動になると

心臓には二つの自律神経があり、交感神経と副交感神経があります。副交感神経は、交感神経の興奮による疲労や不調和を調整し、心身を保護し、回復させます。副交感神経は、迷走神経とも呼ばれており、ここでも二つに分けられ、腹側迷走神経と背側迷走神経があります。背側迷走神経は、副交感神経として内臓の制御を行っており、静かで大人しく、休息し、筋肉を弛緩させる効果があります。しかし、脅かされる状況にいる人は、危険や生命の危機を感じて、交感神経や背側迷走神経が高度に活性化したまま、過覚醒や過緊張を起こし、心臓や気管支、胸腺にまで悪影響を与え、神経系、内分泌系、免疫系に異常を起こします。背側迷走神経が高度に活性化しているときは、めまいや吐き気、原因不明の身体症状、体のしびれなどの症状を引き起こします。全身の筋肉は固くなるか、または脱力してしまって、血液の循環が悪く、胃腸や皮膚は炎症を起こして、下痢や便秘、頭痛、腹痛、嘔吐など体調不良を抱えながらも、自分が何に困っているか分からないなど病識に欠けていくかもしれません。

背側迷走神経が過活動になっている人は、生命の危機を感じており、人間社会への不信感や対人恐怖で、心を閉ざして何も感じないようにしています。この危機状態をなんとかしようと、周りの人の顔色を伺いながら、頭の中は思考がグルグルと回りますが、体はガチガチに固まり、身動きが取れなくなっています。長年このような状態が続くと、不動状態は慢性化して、過去に固執していき、一つの失敗も細かいことまで気にして、できない自分を責めます。

自分の殻に閉じこもりたくて、人と関わりたくないのですが、社会生活を営むうえで、仕事していくしかなく、自分の中の歪みが段々と大きくなります。日常生活をあたかも正常にこなすために、疲れや痛み、ネガティブな感情が蓄積されていき、身体感覚の麻痺が進むと、自分の中心は空っぽになります。人と関わっても心が動かなくて、イメージも湧いてこなくて、この現実世界の出来事をただ眺めるようになります。自分の体から切り離されてしまった人は、現実世界が霧がかかって、周りが見えづらくなり、ひどくぼやけたりします。自己感覚が分からなくなると、自分のことが分からなくなり、相手のことも分からなくなって、人との距離感が掴めなくなります。生き生きとした現実感が無くなり、時間も空間感覚も無くなり、感情や身体も自分のものではありません。心の成長が止まり、あの時から時間が流れず、目が虚ろで一点を見つめます。

交感神経が弱り、背側迷走神経が過活動になっている人は、使えるエネルギーが少なく、行動することが億劫で、何もしない自分にイライラします。外の世界が怖くて、一枚壁を隔てて、隠れながら生きるしかなく、目立たないように、じっとしています。些細なことで、喉は絞めつけられていき、うなだれた肩をして、心臓の鼓動が遅く、猫背で、手足が垂れ下がります。ストレスがかかり、身体内部の歪みが大きくなると、全身に蕁麻疹や微熱が出たり、腸が捻じれるような痛みを発したり。意識を失って倒れることもあります。子どもの場合は、肺が固まり、息がしづらく、小児喘息になったりします。心臓の働きが弱いため、心拍数は低く、血液の流れが悪く、一年中手足は冷たかったりします。寝ようとしてもリラックスすることができないので、気絶したように寝るしかなく、悪夢にうなされます。身体の節々が痛み、血の気が通わず、神経が通っていません。

今までの人生を振り返ると敗北だらけの人生です。八方塞がりな状態が続いてきたために、ストレスと戦えなくなり、全身に力が入らくなります。無表情な顔になり、息がしづらく、脳が半分寝ているような虚脱状態が続くと、体に意識を向けても、集中できなかったり、眠たくなったりします。体を起こそうとしてもめんどくさくて、抜け殻のような状態で、やる気がなく、意欲がありません。体が動けなくなっているのに、無理して動こうとすると、めまいやふらつきが出て、目の前が真っ暗になり、顔面蒼白になることもあります。生きている実感がなく、実存が虚無で、いつもボーッとしていて、憂鬱な状態で過ごしています。

治療・回復していく過程

背側迷走神経が過活動になっている人は、体の内側に疲れが残っているのに、また無理をして、考えすぎて、大きな疲労になって、動けなくなってしまいます。彼らは、体を止めて休むことが苦手です。体を休めようとしても、頭の中で考えてしまい、焦ったり不安になったりして、心臓がバクバクするから、休めません。まずは、休むことに少しずつ慣れていくために、短時間でもこまめに休むことを意識しましょう。そして、症状が軽減するまでしっかり休んだり、体に異変を感じたら、体を止めて、しっかり休む必要があります。予防するためには、ストレスを減らすためにリラックス法を学び、食事や睡眠を適切に取ることが挙げられます。

複雑なトラウマを経験している人ほど、体を止めてじっとすることが苦手な場合が多いです。トラウマ治療を行う患者さんは、ソファー(寝椅子)に横になってもらい、物思いに耽りながら、セラピストと対話をしていきます。セラピーの時間だけでも、夢を見るように意識の覚醒レベルを下げていき、リラックスした状態にして、体の機能を回復させていくことを繰り返します。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-18
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する

コメント