すぐ泣いてしまう人の特徴

苦難・絶望

すぐ泣いてしまう人は、子どもの頃からトラウマの犠牲者に多く、足元がグラグラする不安定な人生を歩んでいます。このページでは、すぐ泣いてしまう人のことについて書いています。

すぐ泣いてしまう人の病気

すぐ泣いてしまう人の病気として、精神障害によるものが考えられます。例えば、うつ病やパニック障害、統合失調症などの精神障害は、すぐに泣いてしまう感情を引き起こす可能性があります。また、身体的な病気、過剰なストレスや不安などの生活環境、PTSDなどの精神疾患もすぐに泣きやすい症状を引き起こす可能性があります。

泣くことの神経学的な意味

泣いてしまうときの涙は、感情が高まっているときに凍りつき、その凍りつきが緩むときに出てきます。凍りつくとは、神経学的に言うと、交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)が同時にかかっている状態です。人の身体は凍りついているとき、不安や警戒、緊張をベースに防衛的な状態になっています。命の危険を感じる場面において、戦うことも逃げることも出来ず、その場で固まるとかフリーズするのが凍りつく状態です。簡単な表現に言い換えるとと、恐怖や不快なことで体が固まることを凍りつくと言います。副交感神経は体を休ませたり、リラックスさせる働きをしています。泣いて涙を流すことも、副交感神経の働きによるものです。

泣いてしまう人のパターン

すぐ泣いてしまう人のパターンは、複雑であり、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。ストレスや不安、悲しみや不満、自己評価の低さなどが、すぐに泣きたくなる感情を引き起こす可能性があります。また環境や社会的な圧力も影響を与えることがあります。一般的に、すぐ泣いてしまう人は、感度が高いために、神経が繊細に反応して、体が凍りつきやすく、そこから自分を立て直して回復できる人です。

一つ目は、人間関係でストレスを溜めすぎて泣いてしまうパターンです。例えば、真面目すぎて頑張りすぎたり、一人で何でも抱え込んでしまう人は、誰かに助けを求めたり、自分の気持ちを表に出すことが苦手だったりします。そのため、辛くなっても平気なフリをして、人前では気丈に振る舞ってしまうので、他人からは、まだ余裕があるように誤解されやすくなり、どんどん自分の負担を増やす事になり、そのうち抱えきれなくなるとストレスでキャパオーバーとなり、パンクしてしまいます。

二つ目は、困難な状況から一瞬解放されて泣いてしまうパターンです。例えば、困難な状況に陥っている人が、落ち着ける時間になると、気持ちがホッとすると同時に、思っていた以上に疲れている自分に気づいて涙が溢れます。また、困難な課題に取り組んでいるときに、ホッとして緊張が緩んだ瞬間に涙が出ます。

三つ目は、危機的な状況に追いつめられて泣いてしまうパターンです。例えば、相手がキレると恐怖体験になり、相手に対する恐怖心から泣いてしまいます。さらに戦慄の恐怖に体が凍りついて、怖いけど逃げられないので、涙が出てきます。また、親から怒られた時に怖くて泣いてしまったりします。

三つ目は、感受性が豊かで、すぐに感情移入しやすく泣いてしまうパターンです。例えば、大切な人や身近な人との別れの時に悲しくなり涙が出てきます。別れの対象となった人と関わった時間を振り返った時に、いろんな感情が込み上げてきて、気持ちを抑えきれずに涙を流したりします。また、人の優しさに触れたときに、嬉しさで感極まり涙が出てきます。さらに、人が人に優しくする姿を見たり、優しいエピソードを知ったときに、感動して涙します。人の優しさに触れる事で、好転的な感情が生まれ、それが安心感に繋がり、心の緊張が解れて、心の老廃物を排出し浄化するように、涙が出やすくなります。

泣いてしまう人の心の中の声

すぐ泣いてしまう人は、困難な役割を終えて、落ち着ける時間になると、思った以上に疲れている自分に気づいて、自分と向き合うこととなり、客観視するように自分を見つめたり、自分に寄り添うように見つめたりすることもあります。例えば、客観視する自分は、自分に対して、「何をやっているんだ?」、「何でそんなに頑張るの?」、「限界こえているよ、もう無理だよ、休もう」等と、身体的な部分を心配します。自分に寄り添おうとする自分は、「誰も理解してくれない、助けてくれない」、「他人に自分の気持ちを分かったフリされたくない」、「自分の気持ちを見透かされたくない」等と、自分の気持ちを汲み取るような精神的な部分を心配します。

すぐ泣いてしまう人の特徴

すぐ泣いてしまう人は、大変困難な状況にいますが、この現実世界に適応するための攻撃的なエネルギーを表現することは阻まれていて、自分を責めることが多いです。困難な状況にいて、八方塞がりで、どうしようもなく、身体的な苦痛から逃れるために、脱身体化した自己慰撫的な空想世界に耽り、自分を保ちますが、自分の体が疲れていることに気づきません。現実には、次々とやらなければいけないことがたくさんあり、それらを抱えきれなくなり、人生に行き詰まって、疲れ切ったときに涙が零れます

すぐ泣いてしまう人は、毎日がとても苦しく、とても辛く、頭の中で思い悩みすぎて、疲れてしまい、涙が出てきます。悩み事が一つあったら、その悩み事が解決に至るまで解決策を考え続けますが、いくら考えても自分が納得する良い答えに辿り着けないため、ずっと考え事がグルグル回ります。頭の中で、いくつか考えていきますが、いろいろと模索していき、解決策を思いつくけど、その先のことを考えると無理だと思い、すぐに諦め、ふりだしに戻ってしまいます。いつも上手くいかない結末が見えてきて、期待しては落ち込むことを繰り返し、気持ちが大きく揺れ動いて涙が出てきます。彼らは、有効な手段があっても、自分の選択に自信が持てずにいて、その答えを選ぶことができず、次へ進む足がかりを失い、憂鬱に囚われてしまって、一人で涙に暮れて過ごし、泣くことで自分を保ちます。

HSPは涙もろい

繊細な人ほど、他者の反応を気にしすぎてしまいます。他人に自分の弱い姿を見せてしまうと、嫌われるんじゃないかと深読みし危惧してしまい、誰にも助けを求めたり弱音を吐くことができなくなり、ストレスがゆえに感情が大きく乱されて、心身共に疲弊し、窮地に陥り、身動きが取れなくなり泣いてしまいます。他者からは、「すぐに泣く人」のように見えてしまっているかもしれませんが、実は泣いてしまうまでには、その人の心の中では様々な感情が複雑に入り乱れていて、思い悩み、深刻な心境になるまで追い詰められてしまい、泣いてしまう人もいます。

繊細な人は、あらゆるものが情報として自分の中に飛び込んできてしまうため、頭の中の情報処理が追いつかず、それがストレスとなり、心の容量も限界をこえてしまうことが多くあります。心がパンクしてしまうと、感情が大きく揺さぶられ、張り詰めていた心の糸が急に切れてしまい緩んでしまいます。その瞬間、とてつもなく心と体が重く感じるので、自分はもう限界をこえていたんだということに気づきます。心身は疲労困憊な状態なので、これ以上頑張る気力も体力も残っていません。そこには、無力な自分の姿だけが残っています。その姿は、まるで使い物にならないボロ雑巾のように見えてしまい、そんな自分を情けなくて、哀れな気持ちになり、思わず涙してしまいます。

すぐに泣いてしまう人は、人一倍敏感なhspの特性を持っているとも言えます。hspの人は、自分より人の気持ちに敏感すぎて、相手のご機嫌を取ろうとします。また、状況を把握しようとして、先回りの行動が多く、自分のなかで、やらなければならないことがたくさんあり、無意識のうちに目標を立てています。目的に達するためには、相当無理しなければいけなくて、達成できても疲労感を感じて、涙が出てきます。また、一生懸命頑張っているのに、不器用でできない自分に泣いたり、自己批判して、なんでうまくいかないのかと思って泣きます。

泣いてしまう人の親子関係

すぐ泣いてしまう人は、自分が何で泣いているか分からず、何のために頑張っているか分からない人もいます。自分のために頑張っていることは自覚していますが、それが本当に自分のためなのかどうか自信が持てません。子どもの頃から、機能不全家庭で育ち、親のご機嫌を取るために、一生懸命頑張る良い子を演じてきました。しかし、操作的な親のもとで、その親の期待に応えようとしていますが、本当の自分がそうしたいかは分かりません。親から理不尽な仕打ちを受けながらも、一生懸命やっている自分は、本当の自分じゃないという気持ちがあります。しかし、親の気持ちに応えるしかないので、自分のためにやっていると自分に言い聞かせないと、やってられない気持ちになります。このような経験が身に染み付き、大人になってからの生き方にも影響し、自分の気持ちを抑え込んだり、無理して頑張りすぎてしまいます。そして、複雑な葛藤を抱きながら、どうしようもない状況に陥り、途方に暮れて涙が出てきます。

泣くことの効果・対処法

涙を流している(泣いている)時は、副交感神経が働いており、リラックス効果があります。涙を流すことにより、ガチガチに凍りついた心の緊張を、ゆっくり解してくれる効果が期待できます。また、涙が頬の皮膚表面を流れる時に、涙の生温かさを直に感じることにより、泣いている事を自覚することができ、ずっと泣くのをこらえて我慢してきたり、泣きたくても泣けなかった自分が涙を流して泣けている事を知ることができて、ホッと安心することができます。そして、心が少し軽くなり、また新たに考えたり、受け止める事もしやすくなり、自分を立て直して、回復に繋がりやすくなります。

泣くことを、恥ずかしい事や、情けない等と思ったり、根性無しや弱虫と決めつけられやすく、マイナスなイメージで捉えられがちですが、泣くことは決して悪いことばかりではありません。泣くことは、自分の感情をコントロールするためには不可欠なことです。泣くことで、頑張りすぎて止まれなくなった心を一旦休ませることができたりします。また、自分の気持ちに気づくきっかけとなり、心の回復に役立つこともあります。普段から人に気を使いすぎたり、自分に厳しくて頑張りすぎて、心身ともに疲れ切った時の防衛的なサインが涙として現れているのかもしれません。

すぐ泣いてしまう感情が頻繁に出現する場合は、医師や心理カウンセラーの相談することで原因を特定し、適切な治療を受けることが重要です。

当相談室で、すぐ泣いてしまう人についてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-13
論考 井上陽平

コメント