HSPの人に言ってはいけない言葉とは

HSP

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは、自身の環境や周囲の人々に対して特に敏感な反応を示す人々のことを指す概念です。これらの人々は、感じること、感じ取ることが強く、深いレベルでの理解を持つことができます。しかし、それは同時に、過度の刺激や否定的なフィードバックに対して特に敏感になるという意味でもあります。

HSPの人々とコミュニケーションをとるときには、この敏感性に十分に配慮することが求められます。彼らは、人々の感情や雰囲気を敏感に察知することができるため、あなたが発する言葉や態度が、意図せずして彼らを傷つけたり、否定的な印象を与えたりする可能性があります。

特に注意するべきは、彼らの感情や意見、体験を無視したり軽視したりするような言葉やフレーズです。それは彼らの自己価値感を傷つけ、彼らがあなたとのコミュニケーションを避ける原因となる可能性があります。また、批判的な言葉や、否定的なフレーズも同様に避けるべきです。彼らは否定的なフィードバックを深く内に持ち込み、自身に対する自己評価を下げる傾向があるためです。

したがって、HSPの人々とのコミュニケーションでは、包括的で肯定的な言葉遣いを心掛け、彼らの意見や感情を尊重し、彼らが持つ独自の視点を認めることが重要です。これにより、彼らを尊重し理解し、健全なコミュニケーションを維持することが可能となります。

心の繊細さ:HSPの人が高圧的な態度を苦手にする理由

高感受性体質(HSP)の人々は、自分たちの周囲の環境や他人の感情に対して非常に敏感な反応を示します。そのため、強い声で指示を出す人や圧力をかける人と対面すると、彼らはその強烈なエネルギーに直面し、これが苦痛を引き起こすことがあります。

たとえば、HSPの特性を持つ社員が、高圧的な態度を持つ上司と一緒に仕事をする場合を想像してみてください。この上司のどんな一言も、社員にとっては非常に強烈に感じるかもしれません。何気ない言葉も、その人にとっては深い意味を持ち、心に鋭く突き刺さるように感じるでしょう。

特に、この上司が直属の上司であった場合、その影響はさらに深刻になります。上司からの任意の批判や指摘に対して心配し、憂慮するため、社員は自分の言葉や行動を常に事前に計画し、厳密にコントロールしようとするかもしれません。しかし、それでも上司からの厳しいフィードバックが来ると、その社員は自分自身を過度に責めてしまう可能性があります。

このような状況が持続すると、HSPの社員は心と体の両方にストレスが溜まり、その結果、彼らの健康を損なう可能性があります。さらに、そのストレスは職場での効率や生産性にも影響を与え、仕事の遂行が困難になる可能性があります。これは、HSPの特性を理解していない環境で働くことのリスクの一部であり、敏感な人々が適切な対応と理解を得ることがいかに重要かを示しています。

HSPの人に言ってはいけない言葉の具体例

高感受性体質(HSP)という特性を持つ人々は、感覚や感情が非常に敏感であり、これが外部の刺激に対する強い反応を引き起こすことが特徴的です。感情を表現するときには、その感情を強く強調するような言葉を使用することが一般的で、彼らはしばしば、自分たちのことを他人に理解してもらおうと努力します。そのためには、自分のニーズを明確に伝えることが重要となります。

また、彼らは自分たちが不快に感じるような刺激や状況に遭遇すると、その反応が体調に影響を及ぼすことがあります。つまり、あまりにも強い嫌悪感を引き起こす出来事や状況が、彼らの健康状態を悪化させる可能性があるのです。

それでは、HSPの人々とのコミュニケーションで避けるべき言葉やフレーズの一部を考察しましょう。

1: 例えば、高感受性体質(HSP)の特性を持つ社員が職場で上司に相談を持ちかける際に想定してみましょう。彼らは感情に特に敏感なため、「その人からパワハラやセクハラを受けているので、何とかしてください」、「その人からの行為は間違いなくパワハラやセクハラだ」といった、自分の感情を強く反映した言葉を用いることがあります。

しかしこの時、上司がHSPの社員に対して「あなたはちょっと敏感すぎるかもしれません、そんなに神経質になる必要はありませんよ」「なぜそのことをスルーできないのですか」「その人(不適切な行為の疑われる人)はそんなに悪い人ではないよ」「社会に出ていくと、そういうこともあるんだよ」といったように、HSPの人の感情を否定するような言葉を使うと、これはHSPの人にとって大きなストレスとなります。

その結果、彼らは見捨てられたと感じ、悲しみや怒りが増大する可能性があります。これが感情的なトラウマを増幅させ、結果的にその人の心の健康を損なう可能性があります。そのため、このような状況に対応するためには、適切なサポートやケアを提供することが極めて重要となります。

2: 例えば、高感受性体質(HSP)の特性を持つ社員が職場の同僚に相談を持ちかける状況を考えてみましょう。HSPの人は周囲の雰囲気に敏感であるため、「あの人の話を聞くのが苦痛だ」「空気を読むのが難しい」「私の扱い方について一から理解してほしい」といった、自分のニーズをはっきりと伝えることが重要だと感じることがあります。

しかし、同僚がHSPの人に対して「あなたはただ面倒を避けているだけ、もっと頑張って」「あなたは好みが多くてわがままだよ」「あなたはややこしい人だね」といった言葉を使うと、これらの言葉は彼らの感情や特異なニーズを無視するように思われ、HSPの人にとっては大きなストレス源となります。

このような状況では、HSPの人は職場での人間関係が難しくなり、ストレスが増える可能性が高まります。だからこそ、同僚に対してはHSPの人の感受性を理解し、適切なサポートや配慮を示すことが重要となります。

3: 例えば、高感受性体質(HSP)の特性を持つ人がパートナーに何かを相談する際には、彼らは周囲の環境や自分の感じ方に敏感であるため、「この部屋の雰囲気が気に入らない」「今の上司とは相性が悪い」「テレビの音が大きすぎる」「食事の音が気になる」といった感じ方を伝えることがあります。

しかし、パートナーが「うるさくて困るよ」「君はちょっと神経質すぎる」「ストレスに弱いね」といった言葉を使ったり、「わかった、わかった」と言いつつも何も改善行動を取らない場合、それはHSPの人の感じ方や環境への配慮を軽視する行為となり、HSPの人にとってストレスになることがあります。

パートナーとしては、HSPの人が抱える感受性や環境に対する懸念を理解し、適切な対応や配慮を示すことが求められます。たとえば、部屋の雰囲気を整える、テレビの音量を適切に調整するなどして、HSPの人が安心できる環境を作ることができます。さらに、職場での悩みに対しては、共感的に聞き、アドバイスを提供することも大切なパートナーとしての役割です。こうした理解とサポートを示すことで、HSPの人のストレスを軽減し、より良い関係を築くことができます。

4: 例えば、高感受性体質(HSP)の人がカウンセラーに相談する際、彼らは不安感が強いため、自分の中で事前に物事を考えすぎたり先を読み過ぎたりし、「あの人はきっとこんな風に思っているはず」「これが真実だと私は信じている」といった深く思考し、考え抜く結果として結論を出す傾向があります。

しかしながら、カウンセラーが「物事を深く考えすぎない方が良い」「それはあなたが考えすぎているだけだ」「その真実は確定的なものではない、あなたは未知のままにしておけない人なのか?」というような言葉を使うと、それはHSPの人の思考や経験を否定することになり、HSPの人は自分の感情や考えが無視されていると感じる可能性があります。

カウンセラーとしては、HSPの人の敏感さや思考のパターンを理解し、適切なサポートや対応を示すことが重要です。例えば、彼らの懸念や感情を認めて共感を示し、それによってHSPの人が自分の感情や考えを正当と感じ、受け入れられる環境を作ることができます。さらに、彼らの先読みの傾向や思考パターンを指摘する際には、否定的な言葉を使うのではなく、建設的なアドバイスを提供し、問題解決の策を一緒に考えることで、HSPの人が自己理解を深め、自己成長を促す環境を作ることができます。

HSPを持つ人との関係づくり

高感受性体質(HSP)の人々は、高度に敏感な神経系を持ち、微細な変化に対して深く反応します。この繊細さは、日本のような都市型社会では特に挑戦となることがあります。例えば、長時間にわたる労働や、狭い居住空間で家族と共に過ごすことは、彼らにとって慢性的な疲労感を引き起こすことがあります。

このため、HSPの人々にとっては、自分の感情やニーズを自由に表現できる、安全な環境が求められます。彼らにとって、否定的な言葉や行動、または感情を無視するような状況は、ストレスを増幅させ、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

HSPの人々との関わりにおいては、彼らの高度な感受性が一朝一夕で変えられるものではないということを理解することが重要です。彼らの感情を無視するような言葉や行動は避け、代わりに、その感情やニーズを尊重し理解することが大切です。「あなたの感情を尊重します」「あなたが感じていることを理解します」「あなたの考えを尊重します」のような言葉を適切に使うことで、HSPの人々は自己受容の空間を作り出すことができます。

さらに、彼らの考えや感情に対して理解と尊重を持ち、彼らにとって最も適した形での支援を提供することも大切です。このような配慮を持つことで、HSPの人々は安心感を得られ、健全な心身の状態を保つことが可能となります。彼らにとっては、細やかな感情や感覚を理解し尊重することが、ストレスの軽減と健康の維持につながります。

当相談室で、HSPについてのカウンセリングや心理療法を受けたいという方は以下のボタンからご予約ください。

STORES 予約 から予約する

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-28
論考 井上陽平

HSP
シェアする
inoue youheiをフォローする
トラウマケア専門こころのえ相談室

コメント