トラウマのショック反応-虚脱・崩れ落ちる

複雑性トラウマ

崩れ落ちるトラウマというのは、強い刺激に曝された人が、足の裏から感覚が無くなり、足元からグラグラして崩れ落ちるような体験です。人によっては、息ができず、動けなくなる人もいれば、意識が朦朧として、気を失い、倒れてしまう人もいて、危険な状態になることもあります。崩れ落ちるトラウマがある人は、今まで脅かされつづけて、既に崩壊してしまっている人と、崩れ落ちても気力で回復させている人と、二度と崩れ落ちることが起きないように、過剰に警戒している人がいます。崩壊している人は、この人生に絶望しており、予後が悪くなります。

崩れ落ちるトラウマがある人は、ショックなことがあると、筋肉が極限まで収縮し、身体が凍りついて、足元からグラグラする不安定な人生になります。人が凍りつくときは、心臓がバクバクし、呼吸が苦しくなり、動けなくなります。さらに、ショックが大きく、崩れ落ちるような場面では、心臓が落ちるとか、心臓が抜き取られるような感覚に陥り、戦慄が走る体験になり、気を失う人もいます。複雑なトラウマを経験している人は、地に足がつかず、身体が凍りつき、不安定な状態で生活しています。しかし、他人から見たら、何も起こってないように見えるため、この世界の人々には、なかなか理解されません。

複雑なトラウマを経験している人が、崩れ落ちてしまうようなショックをすると、心臓が飛び出すように激しく鼓動が響き、体全体に振動が走り回ります。皮膚は下からたくさんの見えない手により、削ぐように引っ張り落とされているような感覚に襲われます。体の内側は、砂の蟻地獄に吸い込まれてしまうように勢いよく崩れ落ちます。また、頭の天辺から足先までジンジンビリビリ、グラグラフワフワして、足元はフワフワポワンポワンとして、地面に足がつく感覚が薄らぎ、地中に埋まって沈んで消えてしまうとか、空気中の塵となり消えてしまうような感覚になります。

不安が強くなると、眠気に襲われたり、めまいやふらつき、意識が朦朧として、気絶する人もいます。崩れ落ちそうになった時には、頭(心)の中では気力で踏ん張り、「大丈夫、いつものこと。いずれ落ち着くはず。」等という気持ちで冷静に時を待ちますが、身体は崩れ落ちそうになる不快な感覚に包囲されていくと不安や怖さも伴いやすくなります。

脅かされることが続き、何度も崩れ落ちることを繰り返している人は、自分の人生の舵を取れず、周りに圧倒されて、無力な状態に陥り、適切な行動が取れなくなります。強者に対して、屈服し、服従せざるを得ない人生になります。身体は棒人間で、無表情になり、生きている感覚がなく、生ける屍のようになります。そして、外の世界の刺激に翻弄されて、無力で行き当たりばったりで、人生に行き詰まり、人生の方向性が喪失します。

酷い場合には、身体が接着されていないパズルのように表面上形成されていて、少し動くだけで崩れ落ちてしまいます。日常生活の全てのものが嫌で、リアルに浮かび上がってくるものに耐えれなくなり、自分の感情や自分そのものが分かりません。

崩れ落ちるトラウマがある人は、崩壊への不安を無意識のうちに持っており、それが反映された人生になります。自分の身体が崩壊しないように力の抜き方が分からず、肩は常に上がり、眉間に力が入り、奥歯はいつも強く噛み締め、喉を締めつけられて、足はすくみ、固く凍りついた状態にロックされます。身体は慢性的に収縮しているため、血液の流れが悪く、基礎体温は下がり、追い詰められた精神状態が続き、この世界を否定的に眺めています。

彼らは、再び恐ろしいことが起きないようにと、トラウマになりそうな場面を徹底的に避けようとして、先読みする人生になります。例えば、怒りや恐れなどの情動を避けたり、トラウマを思い起こさないようにしたり、空腹や低血糖、疲れや痛み、薬物、化学物質を避けようとします。一方、気を抜いてしまうと、眠気やめまいがして、次第に崩れ落ちてしまいます。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2022-12-27
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する

コメント