トラウマによって引き起こされる2つの反応

複雑性トラウマ

このページでは、トラウマの影響から、危険な場面において闘争・逃走反応になり、アクセルを踏む人と、危険な場面でブレーキがかかってしまい、凍りつきや麻痺反応になってしまう人について述べています。

心身の成長にとって重要な時期に、家庭内虐待や学校でいじめ等を受けた子どもは、慢性的に緊張するようになります。危険を察知する場面では、闘ったり逃げたりする交感神経が覚醒しますが、幼少期の頃から脅かされ続けている子どもは、自分の不快な感情を出すと、予期せぬ恐ろしい目に遭った経験から、全力で自分の感情にブレーキをかけて自分の身を守ろうとします。

トラウマによって引き起こされる反応は、大きく分けると二つのタイプがあります。一つ目は、少しの刺激でも感情が溢れてしまって、危険や生命の危機を感じて、体のアクセルを全力で踏んで闘ったり逃げたりする能動的な反応をする人です。二つ目は、背側迷走神経が同時に覚醒し、ブレーキをかけて、凍りつき/麻痺、シャットダウンする受動的な反応をする人です。

複雑なトラウマを経験している人は、もう二度と同じ目に遭いたくないので、あらゆる事態を想定し、次の危機に備えようと万全を期す働きをしてしまって、警戒心が過剰になります。また、現実世界の刺激が強すぎて、気が気でない状況が続いてしまい、アクセルを踏みっぱなしの状態になることがあります。アクセルを踏み続けると、体に過剰な負荷がかかり、ストレスの増大や過度の体力消耗を誘発しやすくなります。ストレスが元となり、凍りつきや警戒心過剰な状態が続き、筋肉が硬直し、心拍数が上昇し、息苦しさや麻痺が出現し、原因不明の身体症状に苦しみます。

複雑なトラウマを経験している人は、気楽に生きることが出来ません。人から何度も嫌がらせを受けているため、自分と外の世界をきちんと線引きして、自分を守ろうとします。警戒して、頭の中で考えすぎて、心身が疲労します。嫌な出来事を受けるたびに、人としての尊厳が破壊され、憤り、怒り、憎しみが生まれます。さらに、自分が傷ついてきたから、新たに傷つく人を作りたくないと思い、自分のためにも、他人のためにも戦い続けようとします。

自分の不快な感情を出した時に、それが仇となり、かえって危険な目に遭ってきた人は、自分の感情を出さないようになります。人のことが怖くなるほど、感情を押し殺して、自分に価値がないと思い、自分が無くなります。感情を押し殺してきた期間が長くなると、「自分の感情に目を向けて」、「自分の気持ちを大切に」等と言われても、自分の感情がどこにあるのかわからず、感じられなくなります。感情を押し殺し続けた代わりに、溝落ち辺りの鈍痛と慢性的な疲労、息苦しさ、苦痛の人生になります。ストレスのもとで、段々と体が動けなくなっていきます。子どもの頃から、逃げ場がなく、脅かされることが繰り返されると、トラウマが複雑化し、その後一生に渡る傷を残してしまうため、深刻かつ普遍的な問題です。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2023-01-02
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する

コメント