複雑なトラウマを経験した人の内なる世界

複雑性トラウマ

トラウマの内なる世界とは、森の中に築かれた入り口のない塔に閉じ込められたラプンツェルのような世界です。複雑なトラウマを負うと、痛みが身体に刻まれてしまうために、軟弱になり、石橋を叩いて渡るような人生になる人もいて、彼らは、外界からの精神的な干渉が苦手になります。脅かされることが続いて、強大な恐怖心を持つ場合には、性格は慎重になり、引っ込み思案で、大人しくて、外に出る勇気がなかなか持てず、行動することができないまま、生きる力が奪われていきます。

複雑なトラウマを経験した人は

複雑なトラウマを負うに至る最初の体験は、人それぞれ違いますが、胎児期の頃から不運な体験をしていることもあり、痛みや不快感を抱えているかもしれません。複雑なトラウマを負う過程で最もよく見られるのは、親が恐怖を与える張本人である場合が多く、そのような親のもとで育った子どもは、親の前では不自然でぎこちない行動を取り、親に愛着を求めて傷ついていく部分と、傷ついた自分を守らなければいけない防衛的な部分の二つに分かれていくことがあります。

複雑なトラウマを経験していく過程で、両親との関係にこじれていき、これ以上傷つくことから避けようとして、トラウマの世界に閉じこもります。彼らは、この世界が安心して広がっているのではなく、親に対する不安が先行するため、親の顔色を伺うようになり、何かを発言したり行動したりする度に、親から怒られるとか、親に心配させて迷惑をかけてしまうと思ってしまいます。何か事が起きるたびに不安になるため、次なる一歩を踏み出すことが出来なくなり、落胆し、次第に心を閉ざしてしまいます。親が自分に恐怖を与える張本人の場合は、自分の感情を出すことが、かえって危険になるので、何も言えなくなり、身動きが取れなくなります。この世界への信頼感が失われて、一人でいることが好きになり、絵を描いたり、本を読んだり、空想に耽ったりしているかもしれません。

一人の空想の世界では誰にも批判されないので、ありえない程の理想的な心地好い世界を求めて空想に耽ります。例えば、私を理解してくれる王子様が、いつか自分を迎えにきてくれるという安心できる幸せな世界を空想し、その世界の居心地の良さに浸りますが、やがて現実の過酷で悲惨な世界に取り残されてしまいます。現実の世界の出来事は常に動いているけど、自分の中では現実感が無いまま時間だけが経過するかもしれません。

外傷体験による人格の分裂的現象

人は、生死を分かつような極限の危機状態に対処できないと、無力な状態に陥落し、生命の危機に直面します。そして、そのような状況の時に不思議な力が宿り、自分と、もう一人の救世主のような存在が現れて、その危機と対峙します。そのもう一人の存在は天から下りてきて、不思議なほど冷静な声で、諦めないように励ましてきます。それは守護天使と言われるような存在になり、困難な状況に直面したときに助言を与えたり、苦難に立ち向かう勇気を与えたりします。

ユング派のD・カルシェッドによると、複雑にトラウマを受けた人の内なる世界では、セルフ(ユング派の自己)が二つに引き裂かれてしまい、自己の進化した部分と退行した部分の神話化されたイメージはともに、こころの元型的セルフケア・システムと呼ぶものを作っている。このシステムは、こころの自己保存力のある操作が太古的で典型的なところから、また、普通の自我防衛より早期で原始的なところから、元型的であると述べています。

自己の進化した部分と退行した部分は、一般的には二人組で存在します。自己の退行した部分は、親への愛着を求めて彷徨う子どもの部分になり、本当の親や自分をもらってくれる新しい家族に巡り合うことを夢見ています。自己の進化した部分は、危機への対応のため、防衛戦略を張り巡らし、自分の生活を外から冷静に観察している部分になり、生き残りをかけて成長していき、あまりにも早く育ち、外の世界に過剰適応します。そして、その子(退行した部分)の物語を作ろうとしており、本当に安心して、生き生きとして生きられるような場所を探しています。

自己の退行した部分(インナーチャイルド)

複雑なトラウマがある人は、愛着を求めて、居場所を彷徨う子どもの部分は、時間が止まってしまって成長していないことがあります。時間が経てば良くなるというものではなく、親との関係に疲れ果て、虚脱し、致命的な痛みを負って、そのまま消えてしまうとか、ほとんど出てこなくなる場合もあります。この子どもの部分は、地下室で死体となっていたり、怪物に食べられていたり、誰にも見つからない場所に隠れて休んでいるかもしれません。

暗い閉所に閉じ込められた子どもの部分は、凍えるような寒さを感じ、灯りひとつない部屋にいるかもしれません。暗闇の中で、ひとりぼっちにされて寂しく、扉は堅く閉ざされているかもしれません。一人で外傷体験の記憶を抱えて座っており、孤独感や恐怖心に包囲されて、体も頭もおかしくなって動けなくなります。誰にも頼れない状況の中でも、それでも心の奥底では人を信じたり、誰かに助けを求めるように泣き続けて、いつか誰かが自分を助けてくれることを待ち続けています。

自己の進化した部分(保護者)

自己の進化した部分は、子どもの保護者になり、子どもの部分が、この世界での居場所を失ったときに、自分の内的世界に保護するように留めておき、優しく抱きしめたり、温めようとします。この保護者の部分がトラウマの内なる世界の物語を紡ぐ存在になるかもしれません。保護者の部分は、生存を司る存在で、表の世界にはあまり出ず、背後にいて、秩序だった世界を求めるあまりに、過酷な精神に変貌することもあります。

カルシェッドによると、保護者の部分は、患者の断片的で傷つきやすい部分を、あたかも再び暴行を加えられることから守るかのように包み込むことが、その目的であるようにも見えた。さらに別なときにはダイモン的存在は、一種に守護天使であり、自己の子どものような部分を内側で慰め、守り、同時に世界から恥ずべきものとして隠していたと述べています。

日常生活を送る私の背後には保護者の部分がいて、その保護者の部分は狂気的な存在であり、生のエネルギーを与える源泉でもあります。保護者の部分は、外傷体験から距離をとる存在で、冷静に全体を把握するように見渡し、今まで正しい答えを見つけるために、いつも考え続けてきました。

保護者の部分は、人間が本来持っている感情が欠如しており、冷酷で自分の信念に基づき、我が道を行くこともあります。日常生活を送る私に対して、私が再び傷つかないように、怒りを持つことや高圧的な態度をとることもあります。例えば、「お前は本当にダメなやつだ」、「怠惰で、無能で、やる気がない」等と罵るように否定的な発言をして警告をします。保護者の部分は、日常生活を送る私を守ろうとして、現実世界の人間関係を壊してしまうかもしれず、保護しながらも孤立を強めるかもしれません。

カルシェッドによると、原始的防衛は、子どもの成長に沿った現実的危機について何も学ばない。それは元のトラウマやトラウマが起きたときの気づきのレベルと同じ、意識の魔術的レベルで機能する。人生の新しい機会は、再外傷の危険な脅しだと誤って見なされ、攻撃されると述べています。

日常生活を送る私に、たとえ新しい出会いがあって、相手が好意を持ってくれたのにも関わらず、保護者の部分が、「お前の思っている人じゃない」、「どうせ悲しい思いをするだけさ」、「下らない奴らばかりだ」、「また期待しても裏切られるだけだよ」、「この先に何もメリットはないさ」等と人間関係を遠ざけるように働くかもしれません。

保護者の部分は、希望や幸せな関係を持つことを恐れており、そのような期待が裏切られたとき、想像を絶するような情動を体験して、精神が崩壊してしまうことから自己を守っているかもしれません。保護者の部分は、普段は一生懸命に日常を送る自己を応援し、知恵を授けて、回復薬になったり、創造性を担います。

この保護者の部分が守ってくれるからこそ、トラウマを抱えた人は、何者にも浸されることなく、純粋な魂を持ち続けることが可能になるかもしれません。また、保護者の部分の存在により、トラウマの内的な世界が発展し、高潔に生きることを可能にします。複雑なトラウマがある人は、希望を持てたときは元気になり、勇敢に行動します。しかし、ちょっとしたことでも撃墜し、満身創痍になってしまいます。人間関係を真に結び付けることが出来ず、モヤモヤした不毛な状態にいるかもしれません。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2022-12-20
論考 井上陽平

STORES 予約 から予約する

コメント