映画『ジョーカー』アーサーがいかにしてジョーカーに変貌したか

映画・アニメ

映画『ジョーカー』の主役アーサー・フレックのトラウマ的世界を考察します。

ジョーカーのストーリー

アーサーとジョーカー

アーサーは、母親ペニーから「ハッピー」と呼ばれており、怒っても何をしても、どんな時でも笑うんです、人にハッピーをあたえなさい、どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいという母親の言葉通りにコメディアンを目指していきます。

アーサーは、老いた母とゴッサムシティという大都市で暮らしており、そこは貧富の格差が広がり、社会不安が蔓延しています。辺境の辺境に追いやられているアーサーが自らをジョーカーと名乗り希代のカリスマに変貌していくまでが描かれています。

幼少期の虐待

アーサーは、幼少期の頃から、母と母の恋人から酷い虐待を受けていました。酷い虐待の影響により、複雑なトラウマを負って、トゥレット障害を患い、緊張が強まると反射的に笑ってしまうという病気をもっています。幼少期のトラウマにより、アーサーは常に何かに怯えながら生活しています。体つきがガリガリといえるほど細く、頼りなく、非常に敏感で、脳はあらゆる場所で脅威かないかどうかを探っています。

虐待の影響から、解離の中で楽しみを増やし、現実の世界と妄想の世界を行ったり来たりしています。アーサーは、あまりに無力な自分は辛いので、面白い人間に憧れて、ひとり部屋の中で芸人となって演じてきました。テレビのなか人気者である自分を想像しながら、部屋のなかで演じていますが、実際の社会の中では、極度に孤立した状態にあります。一緒に住んでいる母親、隣人、社会福祉のカウンセラー、職場の同僚数人など日常生活における人間関係も非常に限られています。

このようなトラウマを負った人が、どのような世界で生きているかを考えてみます。

人格の分裂的事象

頼りになるはずの母親が虐待的だと、親に愛着を求める私と、防衛的な行動をする私の部分に分裂します。もともとの子供が出てこれなくなって、アーサーは、母親に愛着を持ち、オクノフィリア(空間は危険を孕んでおり、対象と片時とも離れたくない心性)であると同時に、彼のもう一つの人格であるジョーカーは、母親嫌いで、フィロバティズム(対象は危険な存在であり、対象なき空間で己のスキルを高める心性)です。

もともとの子供

怯えておしゃぶりをしている赤ん坊のような子、もともとの子供であり、内的な世界の中に隠されている。←このような描写は作中にないので、ただの推測になります。

日常を送る自己アーサー

母親に無視されたり、会話がなかったり、虐待を受けてきて、どうしようもできない恐怖から、ピエロ的な役割をして日常を送るアーサーが生まれます。アーサーは、非常に敏感ですが、本当に辛い状況を紛らわすように出来ており、嫌な記憶を切り離して、見て見ぬふりをして生きることができます。

ヌミノースの力を纏ったジョーカー

酷い虐待により、窮地に追い込まれたときに 自我を救うために生まれます。精神の核が破壊されないように、ヌミノースな力を纏うのがジョーカーです。※ヌミノースとは、ルドルフ・オットーが定義した概念で「聖なるもの」であり、個を越える大きな働きや存在のこと。

アーサーの笑い病

アーサーの笑い病

笑ってしまうのは、脳に負った怪我が原因となった障害として描かれています。同時に、緊張が高ぶるときに、体の中の莫大なトラウマのエネルギーが動いて、くすぐったいのかもしれません。アーサーは、ヒステリーのおどけ症的で、今まで加害的な人物に合わせてきたため、身体や意識、思考が捻じれています。おどけ症の人は、大げさな運動をし、情念、恐怖、不安、あるいは憎しみなどを身振りであらわす芝居ががった仕草をします。

狂ってるのは俺か? それとも世間か?

映画の冒頭で、アーサーは「狂ってるのは俺か? それとも世間か?」と発言します。既にアーサーは狂っていたと思います。

複雑にトラウマがあり、解離した世界を持つ人は、内的世界に、戦ったり、逃げたり、怯えたりするパーツが存在します。ショックなことがあると、日常を送る自己は、頭がフリーズして、夢の世界に飛ばされます。一方、 戦うパーツは問題行動を起こすので、トラブルメイカーになります。日常を送る自己が現実に戻ってきたときは、自分の知らない間に問題が起きていて、罰を受けたり、隔離されたり、叱責されたり、非難されたりします。

このような問題行動の背後には、トラウマの凍りつきでそうなっているのですが、周りの人には理解されないため、彼らの主張は考慮されません。例えば、自分の知らない間に問題が起きたことを、親や教師、クラスメイトから批判を浴び、いつも不公平に歪められて、強者により裁かれてきました。日常を送る自己は、自分の言動ではないのに、不当に罰せられ、人間の尊厳を剥奪され、誰からも愛されず、周りから見放されます。そのため、アーサーは、自分が狂ってるのか、それとも世間が狂っているのか分からなかったりします。

妄想の世界

アーサーの妄想

虐待や不条理なトラウマの在り様から、現実は耐え難いですが、解離の中で楽しみを増やし、現実の世界と妄想の世界を行ったり来たりします。解離した世界(妄想)にトリップすると、心地良さに浸れます。アーサーは、うまくいかないことがあると妄想の中に逃げます。普通の人とは、空間軸や時間軸が違って、子どものままな部分が残っており、妄想に耽りすぎて、自分を理解できていません。どこまでが事実で、どこからが妄想かという境界線が曖昧になっています。そして、同じ場所にいて動作もほとんどなく、酷い時には、一日中妄想に耽っていたりします。

生きながらに死んでいる

アーサーの体つき

アーサーの特徴として、虐待されて、あばらがみえるほど肉がなく、体は衰弱して、心身の機能が低下しています。今までの人生が酷すぎて、辛い気持ちを認識できず、自分を振り返ることができません。そこから逃げて逃げて、自分の世界だけで生きて、ぼろぞうきんのように隠れながら生きてきました。妄想の中では、力を出し切りますが、現実は生きながらに死んでいるような感覚が付き纏います。

自殺願望

アーサーは、生きている実感が乏しく、その場しのぎの人生です。人の目が気になり、周囲との関わりがめんどくさくて、慢性的に自殺を望んでいるところがあります。アーサーは自分の日記に、“この人生以上に硬貨(高価)な死を”と記しています。アーサーが定期的に通っているカウンセラーとの話のなかにも、自殺について言及している場面があります。

ピエロの生き方

アーサーピエロ

アーサーは、人から悪意を向けられることが怖く、人との争いを避けたいと思っています。緊張感の強まる場面が苦手で、その場の雰囲気が悪くなることを恐れて、できるだけ目立たずにいたいけど、しかしあまりに目立たないのも寂しいので、ピエロ(道化師)のようになり、明るさと気遣いをしています。人とどうコミュニケーションをしていいかもよく分からず、面白いことを話せるかどうかに価値を置いています。孤独すぎて、自分のことが良く分からなくなり、上辺だけを取り繕っているように見えます。アーサーの行動からは、純粋に人を笑わせて人を幸せにしたいと願う部分と、人に悪意や暴力を振るわれることを恐れて、常におどけた道化師を演じようとする部分があることがわかります。

ジョーカーに代わるシーン

地下鉄で銃を乱射するシーンで、アーサーはジョーカーに代わります。アーサーが、働き先で解雇になり、地下鉄で裕福層の3人組にボコボコにされて、窮地に追いやられたときに、ジョーカーへと姿を変えて自分自身を救おうとしています。これは人格が変容しているといえます。ジョーカーはヌミノースな力を纏っていて、あっという間に3人を銃殺します。

冷蔵庫のシーン

アーサー冷蔵庫

終盤になると本来のアーサーの姿が存在しなくなっていきます。アーサーが冷蔵庫に入っていくシーンというのは、ショックなことが多すぎて、脳や身体がフリーズして、感覚が麻痺していくことを表現しているのだと思います。小さく、冷たく、凍えるような自分になり、体中から良いエネルギーが抜けていき、絶望や虚無に堕ちて、本来の純粋に人をハッピーにしたいと願っていたようなアーサーの姿が消えていきます。もともと脆弱だった自我がますます小さくなり、アーサーは、ジョーカーに取って代わられます。

アーサーからジョーカーに

ジョーカーに覚醒

内なる世界(私そのもの)が、病的な心の産物に取って代わられる描写です。(ソロモン2001)私は落ち込んでうつの状態であったが、私の中でどんどん大きくなっていった。それは、私自身の周りにあって、包み込んでいき、私の血を吸い続けるように、私自身よりも生き生きしていた。それ自身が生きようとして、自分自身に取って代わろうとしていた。最悪の段階では、自分の感情が自分でないものとなって、その湧き出る感情に操られているようなものであった。「trauma and the soul」Donald Kalsched

トリックスターかつ悪魔的

ジョーカー柄が悪い

ジョーカーはトリックスター的な存在と言えるかもしれません。トリックスターは、色んなエネルギー体に変化し、既存の社会や秩序を否定し、殺人者で、道徳規範を持ちませんが、一方で、偉大なる善を成すことがあります。しばしば悪魔的な性質は、新しい始まりを先導するのに必要となります。

ジョーカーは、窮地に陥った自我を救いますが、この世界に対して、否定的にヌミノースが付置されています。ジョーカーは柄が悪く、意地悪で、残酷な性格であり、人の不幸を嘲笑います。また、皮膚の感覚がなく、痛みや寒さを感じず、死と隣り合わせで、常軌を逸した行動を取ります。彼は、何事に対しても怖くなく、何でも言えて、死んだとしてもかまいません。

マレー・フランクリン・ショー

マレー・フランクリン・ショー

アーサーは自殺を望んでいましたが、他方で、ジョーカーは、いつ殺されるか分からないような状況を生き抜いてきているために、強い生命力を持ちます。自らが死ぬことは一番楽なことだと思っており、死を選ぶよりも、人間と関わり続けて、苦しみ、痛めつけて、裏切り、憎しみ合い、さらなる生き地獄を望んでいます。ですから、そもそもこの時は、自殺なんて考えていなかったかもしれません。

これまでに憧れてきたテレビショーに出演することができ、憧れの司会者とも共演する夢がかなったときに、社会の辺境を生きる者の苦しみを語り、その司会者を射殺することで、一部の富裕層のみが権力をもち自由に生きている社会を批判しています。このときは、悪魔的なトリックスターであり、反逆者としての姿を持ち合わせているともいえるでしょう。

トラウマケア専門こころのえ相談室
公開 2021-03-21
論考 井上陽平

コメント

タイトルとURLをコピーしました